2017年10月29日

2017ミネソタWeek8の前に

先週は、珍しく完封試合が何試合も出ました。

ジェイソン=ピータースとジョー=トーマスという、他のチームの情報をほとんど追えていない私でも知っているようなOTの両巨頭が相次いでシーズンエンドという残念なニュースもありました。
グリフィンは、バックアップとのマッチアップになります。

また、今年のドラフト全体1位のギャレットもアウト。
怪我から復帰しそうなリーフは対戦しなくてよくなりました。

油断は禁物ではあるものの、まだ0勝のCLE相手なので、怪我人の復帰を慎重にしつつ勝ちを重ねておきたいですね。

カイザーはアスレチックであるものの、インターを量産している様子。
ウェインズ君にも稼いでもらいましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 22:04| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

どこよりも遅い2017ミネソタWeek7

出張の連続などあって仕事がハードでして、書き込めずにいました。

Week7のBAL戦、一度も負けるかもと思う瞬間がありませんでした。
トレッドウェルは前戦で良いキャッチがあったのでちょっと欲張ってしまってインターを献上しましたが、シェレルズのビッグリターンの直後だったので一発狙うところではありました。

とにかくディフェンスの安定感というか、バーさんとケンドリクスの切れが素晴らしく、見ていて不安になる要素がありません。
相手としてもウェインズのところにしか投げるところがないんじゃないでしょうか。
そのウェインズ、CBでありながら、なんと現在タックルリーダーになってしっているというかなり不名誉な状態です。
他に攻めるところがないのでしょうがない、と思って堅実に頑張ってくれればと思います。

OLもサールズがダウンして、ルーキーのイザドラまで出さなくてはいけなくなりましたが、大崩れすることなく、マレーの移籍後初100ヤードに貢献しました。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 12:34| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

ネタバレ2017ミネソタWeek6

ブレイディとロジャースには触れただけで反則という時代もありましたが、バーさんのヒットは別に通常の範囲内だったと思います。スローで見たら投げた後に見えるでしょうが。

さて、そうなった以上、勝つのは当然のこととして。

シーレンにクイックスラントで1stダウンを取ったプレーがありました。ミネソタは意外と使っていなかったプレーなので、また幅が広がると思います。
それから、今年流行っている気がするTEへのショベルパスプレーを、ルドルフに向けてやりました。流行りもののプレーもあまりやらない傾向がありましたが、徐々に変わっているような気がします。

トレッドウェルのキャッチ。何度見ても素晴らしいですね。CBが(コンタクトとしては微妙ですが)包むように手をまわしている中、片手で強引にボールを引き寄せました。
ディグスが戻ってきてもボールタッチを増やしていって欲しいですね。

バーさんが脳震盪でサイドラインに下がった後、ニッケルに入ったのはゲディオンではなくラマーでした。
やはりニッケルでは守る範囲が広くなる分、スピード重視でラマーだったのでしょうか。
ゲディオンの方はキックカバーでいいタックルを二つ。ここを抜けられたら行かれてしまう、というタイミングで、がつんとソロで決めました。

ウェインズは、やっぱりときどきやられながらも、良いタックルを積み重ね、最後のおいしいところでインターをちゃっかりカウントしました。

さて、来週は今週CHIと熱戦を繰り広げたBAL。キックオフリターンで面白プレーがでたようです。
調子が出ていないようなので、勝ち星を積み上げておきましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 23:52| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする