2017年11月14日

2017ミネソタWeek10ネタバレ

久しぶりにオフェンスの活躍で勝った試合でした。
最初のWASの攻撃シリーズから素晴らしいTDキャッチをされるなど、グリフィンの欠場もあってか、いままでのようにシャットアウトの雰囲気ではありませんでしたが、オフェンスがカバーしました。
終盤、オフェンスが(というかキーナムが)ターンオーバーで苦しくなったときは、ディフェンスが戻ってきてしっかりと締めました。

キーナムもテディに先発をあっさり譲るつもりは無いとばかりに、途中まではパーフェクトレーティングの活躍でした。
歯の神経を抜いた?ディグスは、ノーマンをぶっちぎり、お返しのTDをセットアップ。その後も数は少ないもののTDキャッチや3rdダウンの重要なところでぶっちぎるアクロスなど、しっかり存在感を示しました。もう恒例になりつつある、無駄なセレブレーションファウルももらっちゃいました。
シーレンはシュアハンドと崩れたプレーでのコース取りで大活躍。TDキャッチはまさにアンビリーバブルで、捕った球が微動だにしないがっちりキャッチでした。3rdダウンに1stダウンラインのかなり手前でキャッチしてノーマンを交わして1stダウンを取ったプレーもしびれましたね。
モーガンとライトのTDキャッチも素晴らしいコールでした。こういう影の功労者にTDをプレゼントするコールは、見ていてうれしくなりますね。
キーナムは終盤のインター連発しましたが、最初のは前半シーレンに良いパスが通っちゃたから調子に乗っちゃったかなという感じ。2本目の方がやってはいけないプレーでした。

ランもマレー、マキノンにカットバックレーンを開けて5ヤード以上のランを連発。オフェンスラインの向上を実感できるプレーでした。マリーが機能してきたのも今後楽しみです。

ディフェンスも、点は取られましたが、重要なところはしっかり止めました。
センデホがTDキャッチになるところを、2本もはじき出しました。
アレクサンダーはごっつぁんでキャリア初インターをもらいましたが、それだけでなく、良いPBUも見せました。着実にステップアップしているのが心強いですね。
ウェインズも2プレー目くらいにぶち抜かれてしまったりしましたが、最初のTDキャッチはしょうが無いし、頑張っていると思います。
トム=ジョンソンがキーになるところで良いロスタックルを2本決めました。
スミスは上がってくるとロスタックルを決める安定の活躍。
バーさんとケンドリクスも他のチームだったらRBに捲られていたんだろうところをぎりぎりでタックルしていました。

フォーバスも追い上げられていた終盤に50ヤード超のFGを決めて試合を決定づけました。XPも今日は全部決めました。

素晴らしいチームwinの後は、ホームに帰ってLARamsを迎え撃ちます。
今年のRamsは絶好調で、グレートショウオンザターフの再来との噂も聞きます。
ホームの利も生かして勝ちを積み上げておきましょう。
ローズが怪我していたようなのがちょっと心配です。最初下がったときは手だと思いましたが、一旦戻ってきた後、足を引きずって出て行きました。

ゴフ、ウエンツ、トゥルビスキー、ウィンストン、マリオタ、最近はドラフト上位の外れが少ないですね。
スカウト技術も向上しているのでしょうか。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:12| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

2017Week10(バイウィーク明け)

バイウィークが明けて、結局ブラッドフォードはIRに、代わりにテディがアクティブ登録されました。
当面キーナムのままで、大崩れしない限りはそのまま行くでしょう。もちろんキーナムが怪我してしまうと、バックアップがまたスローターになってしまうのでそれも困ります。連敗はしたくないし、テディは見てみたいし、キーナムがエビ食べて食中毒で1試合休んで、代わりにでたテディが大活躍で、、、とかないですかね。

先週、HOUのデショーン=ジャクソンがSEA相手にハイライトだけでも興奮できる素晴らしい試合を見せた直後に、練習中にノンコンタクトでACLにシーズンエンドの怪我を負ってしまいました。今シーズンも好調と言われるSEA相手に大活躍で期待が高まっていたときだけにショックでした。
練習中にノンコンタクトで大けがというのはテディと同じで、余所のサイトでも「何でノンコンタクトで大けがするんだ」とか、「テディと同じだ」という会話がなされていました。
何度も起こることでは無いと思うので、もしかしてノンコンタクトというのは嘘で、巻き込んでしまったDLまたはOLをかばっている発表なのかもしれないと思ったりしました。

カズンズは派手さはないもののハイライトを見ると勝負強いところを見せています。
レシーブリーダーはRBのトンプソンらしいですが、ハイライトでもアフターキャッチのビッグプレーが多いですね。バーさんとケンドリクスでうまく抑えてもらいましょう。

怪我人を見ると、レマーズとグリフィンが木曜日までDNPでちょっと不安です。
そういえば、グリフィンはCLE戦のラストプレーの後、立ち尽くしていて、試合後、大丈夫というコメントを出していたはずですが、バイウィークがあっても回復しきれなかったのでしょうか。

今週からたぶん夏時間が終わって3時スタートが多くなりますね。間違えて早起きしないようにしないと。

ミネソタ以外の試合はnfl.comのハイライトだけを見ているのですが、先週あたりからディフェンスの良いカバーやPBUがハイライトに入るようになってきました。
いつもディフェンスの気持ちで見ている私としては、インターやサック以外のディフェンスの好プレーがフィーチャーされるのはうれしいことです。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 22:41| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ネタバレ2017ミネソタWeek8

先週よりもずっとはらはらする試合でした。最後は勝てるだろうとは思いつつ、もしかして負けるんじゃ無いかと、かなり最後の方まで引っ張られました。

パスディフレクトからインターされた後、なんだか気のないプレーであっさりとタッチダウンを献上。アンソニー=ハリスのミスタックルだけで無く、全体にフルでプレーできないままに行かれてしまった感がありました。
ディグスがパスを取った後、尻餅をつきましたが、全体的にスリッピーというかふわふわしているというか、全力を出しづらい地面だったのでしょうか。ラグビーグラウンドの特性かもしれません。

その後もオフェンスは出ないランプレーを繰り返し、ディフェンスは時々ビッグプレーを許すという嫌な流れ。
結局はCLEの自滅に救われたような気がします。勝てないチームはこんな感じに落としていってしまうのでしょう。

ランを出したいためか、モーガンとハムを両方出したセットが非常に多かった気がします。

やはりディグスの復帰は大きいですね。3rdダウンでの頼りになるキャッチは健在でした。
距離は稼ぎませんでしたが、良いところで反則ももらいました。
シーレンもしっかり働き、ドフリーのタッチダウンももらいました。ようやく今季初TDでしたね。
ゲームハイライトもシーレンのキャッチばかりでしたね。

ディフェンスも最後はまとめましたが、ビッグプレーを何度も許すなど、らしくない感じでした。

さて、今日は完璧では無いけれども勝ったということで満足しましょう。
最後にグリフィンが怪我をしたかもしれないのが、ちょっと気になりますが。

来週はバイウィークで、その後は結構厳しい試合が続きます。
こちらもバイウィーク中に元気を補充しておきましょう。

テディがバイウィーク明けには行けるという報道がありますが、さすがにいきなり先発はないと思われます。
キーナムでうまくいっているところを変えるのは勇気がいりますが、プレイオフまでのタイミングで連敗せずに交代する方法はないものでしょうか。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 23:32| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする