2014年09月29日

Week4ネタバレのんびり実況その6

パターソンは40ヤード付近までリターン。

チャーリー=ジョンソンのフォールススタート。
アシアタへのスクリーンで残り3ヤード。
プレーアクションからパターソンへのパス。今日初めてだそうです。
リードオプションっぽい感じでアシアタへハンドオフ。ゲインはあまりありませんでした。
ヤードPerラッシュが8ヤード。

ブリッジウォーターがスクランブルで1stダウン。3,4人かわしました。
アシアタのオフタックルからのカットバックでしたが、それほどは進めず。
アシアタのディレイのドローは1ヤード残しました。
QBスニークしましたが、1stダウンは更新できず。
4thダウンも行くようです。
あれ、ジャンプカウントもしないうちにタイムアウトを取ってしまいました。なにがしたかったんだ?
ウォルシュのFGで13点差です。

GBがCHIに勝ったようです。@CHIだったのですが、カトラーが2INTだそうです。
CHIのせいでGBが地区優勝することが最近多い気がする。

GUMPブレスレット流行るかもしれませんね。

プレッシャーをかけましたが、ジャクソンへのパスで1stダウンを取られてしまいました。
スミスがブリッツしましたが、ジョーンズに通されました。ローズとブラントンで挟んでいたのですが。
ジャクソンのオフタックル。プルインガードにうまくブロックされて10ヤード。
チェックダウンへのパスにバーがしっかりタックル。
ロビソンがプレッシャー、ジョセフがパックして、インコンプリートに。
へスターへのクイックスクリーン。モネランが1stダウンを阻止するタックルをしましたが、そのままはがされてTDに。
6点差になりました。

マッキノンへのちょっとカウンターは3ヤードゲイン。
グレイのフォールススタート。
ジェニングスへのフック?で1stダウン。
マッキノンへの中央のドローで5ヤードゲイン。
ライトのアウトで1stダウン。やはり2ndストリングでタイミングがあっているのでしょうか。
プレーアクションパスが、ディフェンスにはたかれました。
フォードへのパスをオーバースローして、あやうくインターされるところでした。
2本危ないのが続いています。
逃げ回ってライトへのパスを通しました。ディフェンスのホールディングの反則で、ここは1stダウンをもらいました。ユメニオーラはここではLB登録だったと思います。

デュカース(と読むようです)がホールディングの反則を取られました。
パスフェイクしてからのドローでしたが、まったく進めず。
パターソンへのパスは、ディフェンスに割り込まれてインコンプリート。さっきからちょっと焦っているように見えます。
ライスへのスクリーンは全く進めず。
50ヤードからパントです。パントはショートし30ヤード付近までしか飛ばず。ホールディングもあって、40ヤードからのディフェンスになります。

ジャクソンのオフタックル。
バーが素晴らしいストップを見せました。
ホワイトへのパスはオーバースロー。プレッシャーが効いていました。
3rdダウンここで止めたい。
ホワイトへのパスで1stダウン。ローズが手を出しましたが。
スミスへのオープンプレーがなぜかビッグゲインに。TDになりました。
バーがブロックに相殺されて、外をまくられてしまい、モネランが深い位置でブロックされてしまったのが効きました。
初めてアトランタにリードを許しました。

バンチセットからアシアタのドロー。4ヤードほどのゲイン。
投げ捨てました。
今日はレシーバーをたくさん出しています。
またタイムアウトを取ってしまいました。
ライトがワイドオープンになっていましたが、オーバースローになってしまいました。
へスターへのパントは、日光にかぶって直接取れませんでしたが、その後拾って、あやうくリターンされるところでした。ルーキーのプライスがタックル。

ジョーンズへのロングパスをローズがカットしました。
フリーマンのオフタックル。5ヤードほどゲインされました。
アトランタにはOLコーチでマイク=タイスがいるのですね。
アトランタのセンターが怪我したようです。先週のNOに続き、相手のセンターは受難です。
ここで3rdダウンストップが欲しいところです。
ジョーンズがフリーでしたが、ミススローしてくれました。

4Qになってパントが見づらくなっています。
3ヤード付近でキャッチしましたが、20ヤード付近までリターンしました。
アシアタのスイープが4ヤードほどのゲイン。
アトランタの選手が怪我しています。
プレーアクションから、ジェニングスへのパスが通りました。
パターソンへのインのパスが通りました。
今日はパスプロが持っています。
ジェニングスへのタッチダウンを狙ったパスはオーバースロー。
ドローフェイクからライトへのパスが通りました。
アシアタへリードオプション風にわたして、ショートゲイン。
またアシアタで押していきます。3rdゴールで残り3ヤードくらいでしょうか。
ロードホルトがちょっと足を引きずって帰りました。
ブリッジウォーターのキープでしたが、足を滑らせ、1ヤードほど残ってしまいました。
4thダウン行くようです。
最後のタイムアウトを取ってしまいました。ここは是が非でも決めなくてはいけません。
ブリッジウォーターも足を引きずっています。
アシアタのダイブプレーでTDを取りました!カリルがきっちりと押し込みました。
エクストララインマンで入ったバージャーもしっかり仕事しました。
2ポイント行きます。
ブリッツをかけてきましたが、エリソンへのパスが通りました。
これで7点のリードになりました。
これでモメンタムが来たでしょう。ディフェンスに期待します。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 08:13| Comment(0) | Vikings2013 | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

Week3ネタバレのんびり実況その8

後半開始のパターソンのリターンは35ヤードまで返しました。今日初めて20ヤードを越えました。
アシアタの中央のランは2,3ヤードどまり。
ルドルフのシャロークロスで1stダウンをつなぎました。
アシアタのカットバックを狙ったプレーはカットバックレーンが全く開かず。
アシアタへのフレアはタイミングが合わずに失敗。
3rdダウンロングではパスを投げられずスクランブルで1stダウンに届かず。でも、ディフェンスのホールディングで1stダウンがつながりました。
ジェニングスがドフリーになっていたようですが、見つけられませんでした。
パターソンへロールアウトからのパスが決まりました。

マッキノンのランはスクリメージを越えられず。
ひとりブリッツがノーチェックで入ってきましたが、ジェニングスへのショートパスを通しました。
アシアタのアンダーニースへのパスは、ディフェンスも密集していて通せませんでした。
ウォルシュが今日3本目のFGを決めて、4点差です。
1stダウンが全く出ないので、オフェンスがうまく組み立てられずにいます。

後半もディフェンスががんばってゲームを作ってくれることを期待しましょう。
NOも今季波に乗れずにいるチームです。ディフェンスのターンオーバーで流れをもらいましょう。

クイックスクリーンに、CBがうまくねばっているところに、ブラントンが入ってきて止めました。
これまでやられっぱなしだったロビンソンのオフタックルでしたが、ロビソンが押し込んでタックル。
グリフィンがうまく入っていきましたが、パスを通されました。おしい。
ロビンソンがやられました。

ブリッツをかけましたが、グラハムに通されました。ブラントンがタックルしましたが、引きずられました。
トーマスのオフタックルにジョセフが押し込み、ローズが仕留める、、、ことはできず、3rdインチまで進まれました。
フルバックのランで1stダウンを取られました。1stコンタクトでは止めていたのですが、うまくスピンされました。
ドローにホッジズが完璧に反応。ロスタックルを決めました。
ジョセフとローズで、トーマスを止めました。ランが止まってきているところが頼もしいですね。
後は、どかんと長いのを食らわないようにしつつ、3rdダウンのパスを止めましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:56| Comment(0) | Vikings2013 | 更新情報をチェックする

Week3ネタバレのんびり実況その7

グラハムへのフラットパスが通りましたが、グリーンウェイがそれ以上を許さず。
グラハムへのフックで1stダウンを取られました。
WRのフックにロビンソンがクッションを取りすぎてました。
ブリッツでプレッシャーをかけ、グラハムの前にハリソン=スミスが入り込みましたがインターできず。ここは取りたかった。
バーがダブルチームを抜けてブリーズをサック。
ハリソン=スミスがロングパスに割り込んでカット。
このシリーズはハリソン=スミスの活躍で止めました。

パントリターンをシェレルズが欲張って、5ヤード以内でタックルされてしまいました。
前半は後37秒です。
アシアタのランが3ヤードほどゲイン。NOがタイムアウトを取ります。
ニールして3rdダウンへ、NOがタイムアウトを取りました。30秒残っています。
ニールして前半終了。
NOは何のためにタイムアウトを取ったのでしょうか。

ペイトンはかなり若い息子をサイドラインに入れているようです。

6-13で後半はレシーブから。十分戦えています。
ディフェンスはアグレッシブになって止められるようになりました。おそらくその裏を突くプレーを用意してくるでしょうから、そこは気を付けていきましょう。

カーク=カズンズはやはり好調のようです。
ダルトンがレシーバーになる変なプレーをしました。
マンゼルが、こっそりサイドラインから出てくるトリックプレーでレシーブしました。が、反則を取られたらしいです。

GB@DETはDETが押しているようです。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:29| Comment(0) | Vikings2013 | 更新情報をチェックする