2017年09月03日

2017ロスターカット

先に書いたように2017ロスターカットは1段階のみになりました。
先日書いたロスター予想ではロングスナッパーを忘れるというチョンボをしておりました。

さて、たぶん一番のサプライズはGのブーンをカットしたこと。プレシーズンで良かったCエルフライン、LGイーストンに自信が持てたのでしょう。サラリーキャップも節約しました。
クレミングスも諦めました。ドラフトの時は拾いものをした、みたいに評論家が言っていましたが、評論家が当てにならない見本ですね。

ベテランCBを49ersからのトレードで獲得。
アレクサンダーはまだまだ、プライスはまったく信用できない。ニューマンは「若くならない」とあって、CBのデプスは大きな不安でしたので、必要なトレードでした。
見返りもドラフト7巡と最小です。
プレシーズンではエクサムをニッケルCBに使ったりしていましたが、まぁ急に無理するより良いでしょう。

キッカーとパンターは両方外しましたが、もともと逆張りをしていただけなので、順当に落ち着きました。

ハイニキーもカット。脳しんとうのせいなのかもしれませんが、思うにブラッドフォードが怪我した場合にはテディをPUPから戻すつもりなのではないでしょうか。

余所からの放出では、ニーズと大物度から惹かれるのはDENを放出されたウォードでしょう。
長らく問題になっていたスミスの隣を(ベテランなので一時的な解決ですが)満たせるでしょうか。
怪我で先発を追われていたようなので、その回復度合いも気になります。

他は当落選の若手レベルでは元ミネソタの選手くらいしか分からないのですが、
DETからアシアタ、NOからコールとモウティがリリースされています。
アシアタはRB/FBでハムとかぶりますが、ハムは公式サイトのコメントで絶賛されている割には個人的にはぴんとこないので、素性の知れているアシアタを取っても良いのではと思います。
同様にLBのゲディオンも、前回書いたように消去法でスターターになりそうな残念な状況なので、コールかモウティを一旦呼び戻すっていうのも手ではないかと思います。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 11:10| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください