2016年11月25日

Week12ネタバレ実況その3

いつもと違ってハーフタイムショーが放送されていましたが、スルーしちゃいました。

キックオフはリターンでしたが、タッチバックに。
シーレンのフックに通って、1stダウン。珍しくロールアウトしました。
マキノンのランは道が無く、しかもルドルフがホールディングの反則も取られてしまいました。
フォードフィールドが残念でしたっぽい音楽を流しています。
ルドルフにショートパスを通しましたが、下がっているのにショートパスを通しても、、、
マキノンが8ヤードほどのゲイン。いつもだったらいいランなのですが下がっているところなので。
マキノンのフラットにパス。1stダウンには全然届きません。
パントカバーは、パターソンがやはりいい働き。ほとんどリターンさせませんでした。それに比べてジョンソンは危なっかしい感じです。
やはりディフェンスのビッグプレーが必要です。ただ、ロングパスを通されそうなところを向こうのミスで

ランはグリーンウェイが良く止めました。
バーさんのブリッツがばっちり決まってノーチェックでQBサックを決めました!
DTの裏を回ってGをまくって入りました。
テイトへのクイックパスが通りました。ジョンソンが後ろからタックルできそうでしたが、さすがにファンブルフォースまではできませんでした。
3アンドアウトで止めました。
パントはトレッドウェルがブロックしかけました。シーレンがフェアキャッチ。

オフェンス、ここで取って流れをつかんでくれ。
プレーアクションパスから、レシーバーが見つかりませんでしたが、プレーアクションの後フレアに出たマキノンがフリーに。40ヤードのゲインになりました。パターソンもいいブロックをしていました。
マキノンのランは1ヤードのみ。
ジョンソンが5ヤードのパスキャッチ。すごい逆リードでした。取ったのははすごかったけれども、5ヤードでした。
アシアタへのパスは1stダウンに届かず。
残り1ヤードですがFGでとりあえず同点にしました。

キックオフは抜けられそうになりましたが、ハリスがどうにかタックルして20ヤード。
ブリッツをかけましたが、ボウルディンのスラントにパスが通りました。
オフタックルのランをグリフィンが止めました。
スミスがブリッツに入って、インコンプリートさせました。
またプレッシャーをかけて、アウトパスをオーバースローさせました。
パントをブラザーズがブロックしそうになりました。
シーレンは広い方にまくろうとしましたが、むしろロスした形に。ここがシェレルズだと狭い方にするするっと上がっていったりするのですが、やはりそこは経験の差があるでしょう。
ディフェンスが止め始めました。オフェンスも行きましょう。

ブラッドフォードのコンプリーションパーセンテージがいいと言っていますが、こんなにショートしか投げなかったら成功率は高くて当然です。せめて3rdダウンは通ったら1stダウンが取れるところに投げてほしい。
ワイルドキャットから10ヤードほどのゲインですがフラッグが出ました。がフラッグは取り消されました。
シーレンのWRスクリーンですが、かなり警戒されています。
エリソンにスクリーンを投げようとしましたが、カバーされていて投げ捨てました。少し前に投げればいけたようにも思いますが。

今日は3rdダウンを1つもコンバートしていないそうです。
タイムアウトを取りました。
パターソンのアウトに通りました。
アシアタは粘って少し進みました。ブリッツとかぶって危ないところでしたが、4ヤード出しました。
シーレンにパスが通って1stダウン。ちょっとシーレンは欲が出てきているように思います。取った後、
ダブルリバースでパターソンが20ヤードほど進みました。ブロックはかなり崩れていましたが、リターンゲームのような速いカットで抜けていきました。

アシアタの中央で10ヤード。3人DLが入ってきていましたが、それとうまくすれ違いました。ハンドオフも失敗したのか、ショベルパスっぽいコールだったのか、ちょっと変な感じでした。結果オーライ?

Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:57| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください