2016年03月09日

マニングの引退

スーパーの感想を書かずにいるうちにマニングの引退が発表されました。
私はプレイオフからしか今年のマニングを見ていないのですが、確かにボールがうわずってしまうことが多く、見ていてつらいぐらいでした。

このブログにも書いたことがあるかもしれませんが、マニングの試合で忘れられないのは、初めて出たCHIとのスーパーボウルでした。
当時は確かアイシールドが連載中で、リアルアイシールドがたぶんトムリンソンなら、リアル進さんはアーラッカーだろうと、(私の中で)もっぱらの噂でした。
若くてアーラッカーを知らない世代の人は、今のキークリーのランストップを少し弱くしてパスカバー範囲を少し大きくしたのがアーラッカーと思ってください。
アーラッカー率いるCHIディフェンスにマニングがどう立ち向かうのか、が焦点のスーパーボウル。
蓋を開けてみればマニングの圧勝でした。
繰り出すプレーほぼすべてでアーラッカーはラインに取られ、かわいそうなくらいに何もできませんでした。
このときのスーパーは地元の小さなスポーツバーで、アメフトのことをよく知らない店主と二人で見ていたのですが、店主はマニングの恐ろしさがわからずにいたようでした。
私は基本的にディフェンス視点で見ているので、アーラッカーの気分になって、背筋が震える思いでした。

さて、今年のスーパーではDENからの攻撃でしたが、CALは衰えたマニングを一挙につぶそうとするかのように最初からヘビーブリッツを連発してきました。
それをマニングは、舐めたらいかんよ、とばかりにポンポンとパスを決めました。
正直私はここで勝負あったと思いました。
実際はそうではなくて、その後DENはほとんど進むことができなかったのですが。

MVPを取ったミラーはすごかったですね。
とにかく勝負所でのQBサックが試合を決めました。
パスラッシャーの陰に隠れてトレバサンもすばらしかったと思います。
CALのランを的確につぶしていたと思います。
彼はFAになるので、大型契約をゲットすると思います。

ペイトンがいなくなって、AFCがチートリオッツ一強にならないことを祈ります。
そういえば、NFLの調査が入る直前に自分の携帯を壊してしまった彼は、
定期的に携帯を壊しているとか言っていましたが、今年ももう壊したでしょうか。

Skol! Peyton!
posted by aimadu at 20:45| Comment(0) | NFL | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください