2016年01月10日

ワイルドカードラウンドを前に

先週のSEA@ARIを見ましたが、点数ほどの差は無かったように思います。
前半の勝負所で微妙な判定が続いて、ボロボロっと差が開いてしまっただけのように思います。って、これってミネソタが一番コロッと負けてしまうときのパターンじゃないですか!紫の海賊船さん情報では、審判が曲者とのこと、もし変な判定をされてもプレーオフに進んで成長したメンタルで乗り切りましょう。

スタッツで見れば向こうの勝利を予想する声が多いのもやむなしですが、
これはプレーオフ。一段アップしたギアで、下位シードをねじ伏せましょう。

今日個人的に久しぶりにボールを投げましたが、いやはや寒くてへろへろのボールしか投げられませんでした。
ミネソタとSEAのスタッツの差も凍てつく寒さが吸収してくれるでしょう。そして臨時スタジアムを本拠にスーパーに勝ったチームとして長く歴史に名を残しましょう。(2月29日生まれがあまり年を取らないのと一緒でほぼ不滅の記録となるでしょう)

さて、私がキーだと思うのは、まずパターソンのリターン。ここで一発風穴を開けましょう。
逆にロケットのパントリターンには気を付けなくてはいけません。先週のハイライトはものすごかったですが、実際はひとつは反則でキャンセルでした。反則でキャンセルされたプレーって普通ハイライトには出しませんよね?

そしてパターソンのTDをディフェンスで守り切りましょう。
先週の試合では、WRをツインで両方に出すプレーを何度もコールしていました。
そうなったときにバーさんとケンドリクスで、QBとRBを少ない数で抑える必要があります。
もちろんローズとムネリン、そしてスミスには頑張ってもらわなくてはなりません。
とにかくディフェンスでターンオーバーがほしいですね。

ノーマルオフェンスはインターとファンブル無しでまとめてくれればとりあえず良いです。という気持ちですが、前に言ったように、3TEセット無しと見せかけて、ザック=ラインを上げたり、スイングタックル入れまくってゴリゴリ行くのもいいのではないでしょうか。

とにかく、ここまで来れば、レギュラーシーズンでの対戦は、プレーを隠していただけと割り切って、勝利しか求めるものはありません。(あと次のラウンドもあるので怪我は無しで)

Go!Vikes!
posted by aimadu at 20:11| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください