2015年05月20日

すべての記録に*をつけよ(今こそウェルカーに語ってもらおう)

デフレートゲートについて処分が出ました。
私が想像したような、温めた空気をいれてチェックを通し冷えたら圧が抜ける、という手段でなく、
単に*uckin' Tomが(依頼して)ピンで抜かせていたらしいです。

エグゼンプションリストに載せて無期限出場停止としてほしいところですが、ドーピング1回相当程度の処分となりました。
異議申し立てをしているようなので、反省がないことは間違いなく、
INDとの試合だけでなく、もっと前からやっていたでしょうから、もっと延長を果たしても良いでしょう。
今こそ、バターハンドとバターハンドとすべての罪を着せられ、それまでの貢献にも関わらずあっさり捨てられたウェルカーに告白してもらいたいと思います。
「周りの目が厳しいスーパーだけは既定のボールで、他ではいつもの柔らかボールを使っていたのだから、スーパーで落球するのは仕方ない」と。

それから、どうも「ロジャースが規定以上に圧を高めたボールを使っているのだし、ブレイディの処分が重すぎる」という主張をしている人がいるようです。
それはブレイディの処分を提言するということではなくて、ロジャースも出場停止にするべきというだけですよね。
圧を高めることによる効果は私には実感できませんが、スピードが出やすかったりするのでしょうか。

どちらにせよ、空気圧チェックを受けた後で空気圧を規定外に調節するというのは、明らかに故意の行為で、野球で言えばコルクバットやスピットボールみたいなものですから、厳正に処分してほしいものです。

Go!NFL!
posted by aimadu at 19:01| Comment(2) | NFL | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえばGBが15-1で第一シードになった時、休み明けのロジャースが弾丸パスを次々に投げ、いつもシュアなレシーバ陣が次々落球して負けたことがありましたね。あれも空気圧の影響?
Posted by スパイガラス at 2015年05月23日 00:07
私はGBには全く興味がないので、そんなことがあったのかも思い出せないのですが、とりあえずランボー当たる時は去年のSEA戦(カンファレンスチャンピオンシップ?)の審判が来てほしいですね。
いつもはお咎めなしのものを取るのでGBのCB陣がおろおろしていました。
Posted by aimadu at 2015年05月24日 23:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください