2013年08月22日

高校野球のうんたらゲート

高校野球で、ルールで禁じられているカット打法やランナーのサイン読みを行っていた選手が、それを指摘されて止めた結果、敗退するということが起こりました。
よく分からないのは、「カット打法は難しくて苦労して修得した物だから使わせてやれ。それが使えなくなった選手の気持ちを考えたことがあるのか」的な論調があることです。
それがどんなものであろうとルールで禁じられているならば、使ってはいけない技であって、難しいとか関係ないでしょう?高度な技術を要する反則だからOK、なんていうのは、プロレスぐらいでしょ。
背の低い選手がいい記録を出すにはドーピングするしかなかったんです。だから許してあげてください。と言いたいんでしょうか?
万引きやオレオレ詐欺の技術が高度な高度だから、罪に問わないことにするんでしょうか?
選手の気持ちなんていうやつは、反則の技を使われた結果、通常では考えられない数の球数を投げさせられて、その結果敗退した相手チームのピッチャーの気持ちは考えないのか?

ちなみにアメリカでは何かスキャンダルがあると、すぐなんとかゲートといいます。(ウォーターゲート事件の名残と思われます。)
最近のNFLでは、サイン読みのために相手コーチの動作をビデオに撮っていたペイトリオッツのスパイゲートや、相手に怪我させたプレーに報奨金を払っていたセインツのバウンティゲートなんかがありますね。
これら二つのチームは、それぞれの疑惑の中でスーパーボウルで勝ってしまっている、というのが困った問題です。

ということで、スポーツはルールに則って行うべきもので、その解釈に含まれるか議論はあるとしても、ルールだと反則だけれどもやってもいいなんていう話がでるのはおかしい。
posted by aimadu at 18:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください