2016年12月02日

Week13ネタバレ実況その4

マキノンがWRにシフトしてノーバックになって、シーレンへのショートパス。
3メンラッシュで、トレッドウェルのフックに投げましたが、トレッドウェルが押し込みすぎ。
ブラッドフォードは1stダウンを取るだけのパスと思っていたのですが。
FGはポストに当たってひやひやしましたが、どうにかGood.
7点ほしかったのですが、とりあえずは逆転しました。

キックオフはタッチバックに。
エリオットのオフタックルは2ヤードほど。フロントで止めています。
スクランブルで1stダウンを取りました。
パスプロがもってウィリアムスへのパスが通りました。

オープンのランにハンターが抜け出て、タックルはできないものの、走路を狭めて、止めました。
ブライアントへのパスはローズが密着カバーでインコンプリートに。
ブリッツを見せます。
プレッシャーはかけましたが、ウィッテンにパスが通りました。ホールディングのペナルティーで下げます。
ハンターとバーさんのコンビブリッツでした。
QBサックは、、、ハンターです!
それぞれがいいカバーをしていました。ウィッテンにはラマーがついていました。
パントは10ヤードから戻せません。やはりシーレンが欲張って危ないところでした。

残り10分。2点で逃げ切れる時間では無いので、時間をかけてのタッチダウンで9点差にしましょう!
シーレンのファンブルをチャレンジしてきました。
確かにファンブルしていますが、これまた瞬間確保しています。これが覆ったら最初のファンブルとつじつまが合いません。
あれ、ファンブルになりました。確保したときにダラスの選手も片手で触っていたからみたいですが、片手でさわっていることが同時確保になるのか疑問ですし、同時に確保したらオフェンスのものじゃないんでしょうか。ファンブル後だからオフェンスディフェンスなしって言うことでしょうかね。
ブライアントのヒッチパスでタッチダウン。

パターソンのリターンは25ヤードまで行きましたが、フラッグも出ました。
ロールアウトからディグスへのショートパス。
マキノンのドローは1stダウンまで後ちょっと。
アシアタで1stダウンを取りました。
ブリッツでQBサックを食らいました。
ジョンソンにいいロブパスを投げましたが、取れませんでした。
エリソンに6ヤードほどのパスを投げてパントを蹴ります。
またミスパント。中央あたりからのディフェンスです。左から押されているのが気になるのでしょうか。

ここがディフェンス踏ん張りどころ!
ここでエリオットにビッグランを出されてしまいました。
バーさんがQBについていってしまいました。
エリオットのランはグリフィンがタックル。
エリオットのランはまたグリフィンがタックル。
3rdダウンのパスはインコンプリート。ローズが完璧に封じました。
FGで8ポイント差になりました。
残りは4分ほどです。

パターソンのリターンは、角の狭いところからでしたが25ヤード行きました。でも今シーズンからはフェアキャッチと同じなんですね。
ルドルフへのパスはインコンプリート。
ブリッツが来ましたがシーレンに1stダウンとなるパス。
ノーハドルで行きます。
マキノンへの5ヤードパス。
ここでクレミングスがサックを許しました。なんで1対1にするんでしょうか。
追いかけられて投げ捨て。
4th12になります。
さすがにパントを蹴ります。
30ヤード付近でフラッグが出ました。
残り3分を切って、相手陣奥からのディフェンスです。

エリオットのランは1,2ヤード。
スクリーンを崩しましたが、プレスコットに走られて1stダウン。スライディングが早かったとしてチャレンジします。確かにここで1stダウンか3rdダウンかでは大きく違います。
3rdダウン1になりました。
もちろん止めなくてはなりません。
ファンブルで止めました。タイムアウトを使い切って2分20秒でパントを蹴らせます。

トレッドウェルがブロックしそうになりました。
パターソンが落としましたが、コールがリカバー。

ロールアウトしてブラッドフォードがラッシュを交わし、シーレンに通しました。そしてアウトオブバウンズへ。
マキノンのランで結構進んで、2ミニッツウォーニング。
マキノンのフレアで1stダウンをとってアウトオブバウンズへ。
ロールアウトからディグスへ1stダウンとなるパス。
マキノンへのチェックダウン。インサイドへカットしようとして、おいおいと思いましたが、アウトオブバウンズへ。
パターソンへのパスで1stダウン。
ディグスへのパスで後5ヤードほど。
ディフェンスのオフサイドでフリープレーに。パスはカットされました。決め打ちプレーだったのか、スロットのレシーバーはプレーをやめてしまいました。彼がちゃんと引っ張っていれば通ったかもしれません。もったいない。
WRにセットしたマキノンへのパスでタッチダウン!
さて、勝負の2ポイントです。

サールズがフォールススタート、、、
オーバースローで2ポイント失敗。
QBのヘルメットへのヒットがありましたが、反則を取ってもらえませんでした。フェイスマスクも引っ張っているのですが。
オンサイドキックはウィッテンが確保。

まずは他も負けてくれることを祈りましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 13:33| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week13ネタバレ実況その3

実況休止中の出来事では、テディがサイドラインにいるのが見られました。
インターされましたが、別のレシーバーであるルドルフへの反則で事なきを得て7-3で折り返しました。

キックオフはアシアタが取って20ヤードまでリターン。ですがフラッグが。
ブラッドフォードが出てきました。
プレーアクションパスでOLがとても持って、ジョンソンに長いパスが通りました。フラッグはディフェンスの反則でした。危ないところは抜けました。
マキノンへチェックダウンしましたが、ジャグルして危ないところでした。
マキノンのドローが進みました。ランは狙われていないからか、結構進んでいます。
ブリッツが来て、ブラッドフォードがスクランブルで1stダウン。これも相手が予想していなかったでしょう。
パターソンのジェットスイープは、ディグスがぎりぎりまでブロックして、6ヤード最後に取りました。
ジョンソンのフックで1stダウン。
マキノンへのパスは触ることもできないほどに逆リード。と思ったらDLにディフレクトされていました。
エクスチェンジミスで、ロストは免れたものの大きくロス。
トレッドウェルへのロングパスを狙いましたが、カバーされていました。
パントはインサイド10でフェアキャッチ。

プレッシャーをかけましたがブライアントが高さで取りました。
エリオットのランはセンデホがタックル。6ヤードいったでしょうか。オフェンスのクリッピングで下がります。この反則が無ければロビソンがタックルしていた。ということにしましょう。

ノーバックです。ジョセフが割り込んでパスインコンプリートに。
ヒッチパスにローズが一瞬でタックル。3rd29になります。
エリオットのスクリーンにグリフィンが後ろから追いついて3rdストップしました。
パターソンがリターナーでしたが、キャッチせず。

マキノンのドローは2ヤード。人はまばらなのですが抜けられません。
ディグスへのフックパスで1stダウン。
ワイルドキャットからアシアタへのハンドオフは進めず。
ルドルフへの中央のパスは1stダウンちょっと手前。
3rdダウンショートからパスを狙いましたが、奥には投げられず。ルドルフへのショートパスで1stダウンを更新しました。
アシアタのランはブロックが今シーズンにないほど美しくきまりました。クレミングスがキーブロックをしました。
ジョンソンへのフェードパスはカットされました。
ブリッツされて、シーレンへのショートパス。3rd4になります。
エンドゾーンのルドルフにパスを投げましたが、取れませんでした。パスは完璧でした。ルドルフの手に入りましたがSが見えてしまったのでしょうか。
FGが決まって7-6になりました。

プレスコットがスクランブルして8ヤードゲイン。グリーンウェイがもう少し詰めてほしい。
スミスをあげて、センデホのシングルセイフティーです。
エリオットのランを1ヤードほどで止めました。あれ、1stダウンです。
エリオットのランはまくられましたが進まれませんでした。オフェンスのホールディングをもらいました。
ロビソンがストリップサック!!!そしてグリフィンがリカバー!!

クレミングスが手を置き直してフォールススタート。
アシアタのランは詰まりましたが、その後少しだけ押しました。

ここで7点、もしくは8点取りましょう!!

Go!Vikes!
posted by aimadu at 12:38| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week13ネタバレ実況その2

エリオットのオフタックルにグリフィンがタックル。
向こうのOCはリネハンなんですね。
ジェットスイープに1stダウンは取られましたが、
センデホが崩してグリフィンがファンブルフォース。そしてケンドリクスがリカバー!!今回はリビューの余地も無いでしょう。

マキノンがアームシバーして抜けかけましたが、5ヤードでした。惜しい。
ケリンがフォールススタートしてしまいました。マキノンのゲインが帳消しに。
ジョンソンのアクロスに5ヤードパス。
ディグスのフックで1stダウンをつなぎました。
ラインにヘルプをつけて頑張っています。

ワイルドキャットですが、何かトラブルが、、、
とうとうマキノンが投げました。が、あやうくインターセプト。もうちょっと高く投げておけば通りましたが。マキノンのパス能力がばれてしまいましたね、、、
でも、これが後のロングパスへの布石なのかも!
パターソンへのハンドオフは全く進めず。
3rdダウンからシーレンへのパスはオーバースロー。通っていても1stダウンには至りませんでした。
パントは15ヤードでフェアキャッチ。

あのトレードのことは、もう言うな!!!

少しタイミングの遅いヒッチパスにニューマンがロスタックル!
スミスが上がっています。そしてロスタックル!!!最初から、ランブリッツでした。
プレスコットのスクランブルで1stダウンを取られました。バーさんが仕留めてくれないと!
ランをしっかり止めました。外のLBがホールディングを欲しがっています。
ノーバックです。ビーズリーがキャッチ後にターンして1stダウン。ムネリンが追いすぎました。
エリオットのランはしっかり止めています。
ブライアントにロングパスが通りました。スミスが置いて行かれました。
ダラスがタイムアウト。
エリオットのタッチダウン。このショートは守るのはきついですね。

オフェンスが取り返しましょう!

うちの勝利の女神が乱入してきたので、実況は少しお休みします。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 12:09| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week13ネタバレ実況その1

なぜかGAMEPASSが自動で始まらず、GAMEPASSの再起動で動き始めました。

キックオフで試合開始。20ヤードでトレッドウェルがタックル。
いきなりニッケルから、いきなりエリオットのオフタックルで10ヤードのゲイン。センデホがタックル。
クラウドノイズが仕事しました。これでクラウドはさらに盛り上がるでしょう。
ノーバックにしました。
5ヤードフックがブライアントに通りました。ローズがマッチアップです。
4-3かと思ったらニッケルでセンデホがあがっています。センデホが入ってきてエリオットにロスタックル!
3rdダウンのパスはプレッシャーをかけてサイドラインにオーバースロー。ビーズリーを狙ったパスでした。
Sが上がり気味であるもののブリッツは無しのシリーズでした。

シーレンのパントリターンはまったく戻せず。先週からダンスが目立っています。もうちょっと落ち着きましょう。パターソンやシェレルズのようにチャンスを見極めていくようには、すぐにはならないんでしょうね。

アシアタのドローが6ヤード出ました。ラインがちょっと押しているように見えました。
ルドルフの中央へのパスで3rdダウン。ディグスがTのヘルプを1チェックしてからコースに出ました。
パターソンがHBに入っていました。
アシアタのオフセットIからのランは進めず。
クレミングスのフォールススタートを取られました。ここを乗り切りましょう。
ルドルフへのパスはリーに阻まれました。
クレミングスがローレンスに1発であしらわれました。
RBを二人にしてシーレンへのアウトパスが通って1stダウン。
パターソンへのロフトパスが通りました。が、オフェンスのPIを取られました。でも奥にも投げておくのはいいと思います。厳しい判定だったというか、パターソンが強すぎたのかもしれません。
ブリッツが入ってパターソンにヒッチパス。そこから引きずって3ヤードほどゲイン。
マキノンのドローは5ヤードほどか。ちょっと開いた気がしましたが詰まりました。
マキノンがリーのブリッツをきれいにピックアップしましたが、ルドルフのチェックダウンに投げたのみ、パントになります。
パントは15ヤードからリターンを許さず。パターソンも出て最高のメンバーで望んでいるようです。

ドローフェイクにスミスが引っかからず。投げ捨てさせました。
エリオットのスイープっぽいプレー。グリフィンが突っ込んでくさびを打ち、バーさんがファンブルフォース!ジョセフがリカバーしました。
リプレイの初見では余裕でスタンズかと思いましたが、レビューが長引いています。アウトオブバウンズに出たかもということか?
リバースしました。ファンブル後にいったんエリオットがリカバーした瞬間があったということのようです。ファンブル後にあんな一瞬で確保という判定になるもんでしょうか。
ダブルAからエリオットへのスクリーン。ケンドリクスがノーゲインに仕留めました!!
パントリターンにはパターソンとシーレンが下がっていましたが、結局どちらも取らず。

ディフェンスが止めています。オフェンスで先制点を!
ロールアウトからルドルフにパス。右から二人のTEが奥と手前を走るルートでした。
シーレンへのWRスクリーン。16ヤードのゲインでした。
リーがシーレンをカバーしていました。
パターソンのエンドアラウンドを見せてのマキノンへのハンドオフ。そこそこのゲイン。
外からブリッツが入りましたが左ラインがきれいにピック。遅れてきたSが来る前にディグスにクイックスラント。
ザックラインが一瞬止まりそうでしたがスピンして1stダウンを取りました。が、ブーンがホールディングを取られました。首に手は回っていますが、動きは押す方向だけだったと思います。
プレッシャーもあってパスは通らず。
良く進んでいましたがFG止まり。チップショットが決まってもうれしいですね。コリンスワースもFGで観客が沸いているといっています。

キックオフは20ヤードで止めました。
今日はスパイクに絵を描いていい日だそうです。
エリオットのラン、フロントが頑張って止めました。
次のエリオットのランは穴が開いて1stダウン。グリフィンがもうちょっとでした。
プレーアクションからビーズリーにパスが通りました。グリフィンが詰めましたが、びびらずに決めました。
エリオットにビッグラン。やはりランメインで来られるときついですね。でもホールディングの反則で助かりました。確かにこの反則が無ければケンドリクスが止めていた、、、ということにしましょう。
モリスへのドロー。人が足りずに進まれましたが、反則でロングシチュエーションだったので、長めを警戒しても仕方ないでしょう。

ディフェンスが頑張っています。オフェンスも頑張りましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 11:29| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week13直前

おはようございます。

結局ジマーは試合に来ないようです。確かに、来たら頭に血が上ってしまうタイプでしょうから、家で休んでいた方がいいかもしれません。家でテレビ観戦でも興奮するでしょうけど。
DTNさんによると、OCとDCにフルに頑張らせるため、HC役はSTCのプリーファーとのこと。その辺の妙がでるかもしれませんね。

ディグスとニューマンがアクティブに。
ディフェンスが押されたときには、うちのオフェンスでも点を取らなくてはいけないですし、こちらのオフェンス時間を延ばすためにもディグスがいてくれると助かります。
まったく印象にありませんが、これまでホームゲームではミネソタの攻撃時間の方が長いのだそうです。
ニューマンも助かります。フロント7はランストップにかかり切りになると思いますので、CBは1対1が多くなります。ただビーズリーにローズがついた場合は、デズにはウェインズのフィジカルで対抗して、とりあえず取られても仕方ないから長いのは許さない、という方針を取る手もありますね。

ウィッテンまだ健在なんですね。スミスを取られるのはもったいないですが、つけざるを得ないでしょうか。
そして健在と言えば、ショーン=リーが出てきそうですね。毎年けがの話題でしか聞いたことがありませんでしたが。

さて、まずは先制点を取って相手のラン比率を減らすことを目標に行きましょう!

Go!Vikes!
posted by aimadu at 10:28| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする