2016年12月12日

Week14ネタバレ実況その3

キックオフはタッチバック。
ランは3ヤードほどのゲイン。ステファンがタックル。
オフタックルは、ハンターとケンドリクスがタックル。
ダブルAから両方行きましたが、スロットレシーバーのスロットに通されました。
カットバックされ、ロビソンと両Sが3人同時にタックル。
ロールアウトからリーにパスが通りました。30ヤードラインほどまで来られました。
ランで4ヤード。
アンダーニースへのパスはドロップしました。グリーンウェイが後ろからついていました。
バーさんがもうちょっとでした。LTのビーチャムが、ジョンソンに押されたボートルズに倒れ込まれて痛みました。
リーへのパスはアウトオブバウンズでしたが、フラッグが出ました。イリーガルフォーメーションでしたが、パス失敗でしたので、ディクラインしてFGにします。
FG失敗しました。進まれてしまっていたので助かりました。

オフェンスここで見せましょう!
ロールアウトからディグスへのパスはオーバースロー。
マキノンがレシーバーに出て、フリーのブリッツが入ってきましたが、シーレンへのパスは1stダウン以上を取りました。
ランはやっぱり全くでず。
プレッシャーが来て、ルドルフへのパスはオーバースロー。
ブリッツが来ましたが、シーレンに1stダウンとなるパス。
ブリッツはちゃんと反則せずに止まったのでしょうか、ちょっと不安。
アシアタのランがようやく4ヤード。

うーん、WASのジャクソンがすごいTDパスを取りました。
プレーアクションフェイクに全く引っかからず、投げ捨てるしかありませんでした。
パターソンへのパスは手につきませんでした。ラムジーにたたき出されました。
46ヤードのFGがGood!今日4本目を決めました。

キックオフは、またリターナブル。
20ヤードで止めて、しかもフラッグが出ています。
今日、やられているリーが痛んでいます。

アンダーニースへのパスは、取ってすぐケンドリクスがタックル。
ボートルズがオプションでラン。ロビソンは届かず。1stダウンを取られましたが、ニューマンが後ろからブロックされる反則を受けました。
またスクリーンです。ジョンソンは惜しくも届かず。ケンドリクスがタックル。
ロビンソンのポストで1stダウン。ローズの反則を取られましたが、それ自体はそれほどでもありませんでした。
グリフィンがQBサック!内側にループしていました。
ランにケンドリクスがすれ違ってしまい、10ヤードほど取られました。バーさんがタックル。
プレッシャーをかけましたが、ボートルズにスクランブルで1stダウンを取られました。
ローズがフラッグを受けました。審判に何か言ったのを取られました。
グリフィンがパスカット。WRスクリーンだったでしょうか。

CHIが頑張ってついて行っています。頑張れバークリー。
アレクサンダーがリーとのマッチアップで反則を取られました。
ローズが頭を冷やして戻りました。
ロールアウトから、ターゲットを見つけられずに投げ捨て。
中央のパスでタッチダウン。
逆転されました。
このシリーズは反則で自滅しました。

キックがディレイで5ヤード下がりました。これでリターンのチャンスができました。
パターソンを避けたプーチキックをモーガンが取って、40ヤードまでリターン。
ディグスへの5ヤードパス。ディグスは無理をしないところがいいですね。
マキノンがオフタックルで6ヤードほどのゲイン。久しぶりに穴が開きました。
プリンス=アムカマラ、こんなところにいるんですね。
マキノンが5ヤードのパスを取って、そこから1stダウンを取りました。
シーレンにパスが通りました。
マキノンが5ヤードのパスを取って、そこから1ヤード取りました。
8ヤードまで来ています。
投げ捨てました。ちょっと投げた後につきとばされましたが、ファウルは取りませんでした。
マキノンが取ってから、またうまく1stダウンを取りました。
1stダウンゴールが5ヤード以内。これを取らないでどうするんだ!

Go!Vikes!
posted by aimadu at 05:21| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week14ネタバレ実況その2

1Qはラッシュ1ヤード、パス100ヤードだそうです。
試合前はランの比率を増やそうと言っていましたが、この状態では。

WRスクリーンフェイクからイェルドンのオープンランで10ヤード。ハリスが押し出しました。
ドローは2ヤードほど。
オプションでRBに渡して3ヤード程度。
ロビンソンにクイックスラントで1stダウンを狙いましたが、ローズがカバー。
FGが決まって6-3に詰められました。

パターソンのリターンは、隅の方からでしたが、そのまま狭い方を上がって50ヤードくらいのリターン。
パスプロがむちゃくちゃ持ちましたが結局ブラッドフォードが走って4ヤード。
プレーアクションからディグスにパス。ラムジーが、持ち上げて投げようとしたことで反則を取られました。別にフラッグが出るほどでは無かったような。
シングルバックのワイルドキャットから、マキノンがそのまま突っ込みましたが、2ヤード。
ディグスへのパスはカバーもされており、手につかず。
ルドルフへのパスは、触りましたがインコンプリート。逆リードでした。
またFGです。とりあえず、加点はできているので、キックを外すよりはマシ、としておきますか、、、
ディグスへのパスも、ルドルフへのパスも、取っていてもいいパスだったんですが、ちょっとタイミングが合っていません。

キックオフはちょっと短く30ヤードまでリターンされました。
ニューマンの前にパスを通されました。カバーはしていたのですが。
オープンのランは道をふさいで逆のDEのハンターがタックル。
RBのフレアのパスで1stダウン。決め打ちだったのか、一人リードブロックがいました。
WRスクリーンフェイクのランで、ケンドリクスがロスタックル!
ボートルズがフォールススタート。足がもろステップして恥ずかしい瞬間でした。
グリフィンが仕留められず、スクランブルでちょっとだけ出されました。でも3rdロング。
フォールススタートでもっと下がりました。
WRスクリーンで、ラマーがファーストコンタクト。
55ヤードのFGを狙います。届きました。
今年のミネソタを見ていると、FGってそんなに遠くから狙えるんだ、っていう感じですね。
9-6です。
こんなに押しているのに、この点差。

キックオフ。もうリターンさせてくれないだろうなぁ。やはりタッチバック。
ストリップサックされたボールを拾って、マキノンにパス。10ヤード取れてしまいました。
マキノンがワイルドキャットから、ブラッドフォードをちらっと見て自分で走りました。全然道は開かず。
ディグスへのポスト。ダイビングキャッチで取りました。
マキノンのラン、1列目は開きましたが、結局5ヤードのゲイン。
アシアタで1stダウン。1stゴールです。
アシアタにフェイクしてルドルフへのパスは、カバーされていました。コースもいまいち合っていませんでした。
ルドルフへのクイックスクリーン。ルドルフが1ヤードまで。
ボールがこぼれていますが、その前にTDでしょう。
うーん、ダウンでした。1インチ無いです。
もちろんここはGoでしょう。
その前にチャレンジしたようです。
改めて流れたスローで見るとTDに見えますね。でもオーバーターンしませんでした。
プレーします。
シーズン前半はこういうときザック=ラインに持たせていましたが。
アシアタに持たせて明らかに届かずにダウン。反対サイドから漏れてきました。

ディフェンスに期待しましょう。
ランで2ヤードほどのゲイン。
ランで5ヤードほどのゲイン。
タイムアウトをどんどん使って、攻撃の時間を残そうとしています。
フラッグですが、どちらでしょう。
みすみす1stダウンをやってしまったかもと思いましたが、オフェンスでした。
ローズのカバーに、フラッグが出てしまいました。

ハリスのブリッツが入って、LBのゾーンでインコンプリート。
奥へのパスは、WRと息が合わず、オーバースロー。ニューマンがついていました。
Tが早く動きましたが、フラッグは出ず。スクリーンパスで10ヤード取りました。
レビューが入りますが、向こうのタイムアウトのようなものですね。
WRへのパスにミスタックルが続き、ビッグゲインに。
ハリスとハンターでした。

スクリーンパスにジョンソンが対応しました。
中央のパスで10ヤードまで来られました。
RBのチェックダウンにハリスが上がってきて1stダウンを防ぎました。パスの瞬間は開いていて危ないと思いましたが、今度はハリスがいいプレーをしました。
キックが決まって、結局同点で前半を終わります。

キックオフはリターンせず。日光が目に入ったのでしょうか。
さすがにプレーせず。ニーダウン。

前半は、長いパスは何度か通ったものの点が取れない、悪いときのパターンのままでしたが、後半は改善してくれることを期待しましょう!

PHIが勝っています。頑張れ!
CHI負けていますが頑張れ!
TENとDENが乱闘、特に勝敗に興味は無いが、頑張れ!
INDではラックがインターを投げています。来週もその調子でよろしく!

ということで、Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:30| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week14ネタバレ実況

ジマーの眼帯が痛々しいですね。

パターソンのキックオフリターンはタッチバックに。
プレーが崩れ、チェックダウンにも投げられず。でも、ルドルフに苦し紛れのパスが通り40ヤード以上のゲイン。パスプロが持っていました。
右のオープンへのランは出ず。
FBを入れての左へのランでしたが、反対サイドのDTが漏れてきました。
パターソンへのスクリーン。ちょっと頑張りましたが、1stダウンには届かず。
43ヤードのFGが決まりました。とりあえず3点。

キックオフのカバーは20ヤードでストップ。
ボートルズはタッチダウンは多いんだそうです。
オープンのランはイェルドンが5ヤードでした。
ハリスがブリッツを見せていたところ、反対のLTがフォールススタート。
センデホがパスをはじいて、ハリスの先に落ちました。
ムネリンがブリッツを見せて、入らず。ダブルAの二人もカバーに下がって、ロビソンがQBサック!DTから入りました。
シーレンのリターン。またちょっとまくろうとした気もしましたが、5ヤードほど戻してアウトオブバウンズへ。

40ヤードからの攻撃。中央のブリッツをアシアタが完璧にピック。
シーレンのフライにパスが通りました。
アシアタの中央のランは全く道が開かず。
エリソンにTDパスを狙いましたが、カバーもされていてオーバースロー。
アシアタのチェックダウンに投げましたが、4thダウン1になりました。
プレー行きます。
行きませんでした。もともとそうだったようです。
解説は行けば良かったと言っています。
FGが決まって6-0。

キックオフはタッチバックに。
ロールアウトから、アクロスのWRへのパスが通りましたが、しっかりカバーして4ヤードゲインに抑えました。
ランでカットバックされてちょっと取られました。
グリーンウェイがソロでオープンのランを止めました。ヘルメット2ヘルメットでちょっと危険な感じでした。
パントフェイクから1stダウンを取られ、ザック=ラインがもっと取られそうなところをぎりぎりタックルしました。
グリフィンがQBサック!バーさんがカバーで混乱しているようで心配でしたが。
ランにジョセフが素晴らしいストップ。
3rdロングでWRスクリーン。人数的に危ない感じでしたがLBのラインでしっかり止めました。
パント、もうちょっとでブロックできそうでしたが、できませんでした。反則があったようです。
パント側のホールディングでした。

マキノンのオープンのランは横に流れるだけで穴ができず。
マキノンへのパスは危ないパス。ポスラスズニーのタックルをかわしてロスを防いだだけ。
パターソンのアクロスにパスを通したものの、ポスラスズニーが完全にマーク。そもそも、5ヤードも前に投げていませんでした。
このシリーズはあっさりパント。
今回のパントはちゃんと飛びました。先週はまるで飛ばず、パントが今シーズンの好調なパントだったら、もっと勝ちの目があったと思います。
カバーチームは今日も良く止めています。パントをキャッチしたときは一人しか到達していませんでしたが、その後ちゃんと集まって、ローリターンに。

ウェインズがインターできそうでしたが、はじいたのみ。その後キャッチされそうでしたが、アウトオブバウンズへ。アレン=ロビンソンでした。
オープンのラン。ハリスがしっかりと外に押し出しました。
チェックダウンのTEで1stダウン。CB?ブリッツのみでDLが全然ラッシュしませんでした。

やっぱり得点力のなさに苦しんでいます。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:37| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする