2016年11月21日

Week11ネタバレ実況その4

ジョンソンへのパスが通って1stダウン。
プレッシャーをかけてジョンソンへのパスはインコンプリート。ディフレクトされたと実況は言っています。
ドロー。ハンターが最初当たりましたが、2んdエフォートされました。
フィッツジェラルドへのパスが通りましたが、ローズがいいタックルして1stダウンを許さず。
ムネリンにインターチャンスもありました。

左に3人レシーバーを出してマキノンのドローは全く出ず。
パターソンへのWRスクリーンは、DEにインターされそうな危険なプレーでしたが、9ヤード取りました。
3rd1でしたが、アシアタがしっかり取りました。
パターソンへのパスで8ヤード取りました。パターソンが裏を回ってフラットに出るコースでした。
マキノンのオフタックルで1stダウンを取りました。久しぶりにOLが押しました。さっきの3rdダウン1でちょっと自信が戻ったでしょうか。
ヒルマンのピッチは進めず。
そういえばブーンがヘルメットを変えたと言っていましたが、

パス失敗でしたが、ファンブルではないかと言われています。
リターンする選手に追いついてタックルしたのはディグス。こういうところでもディグスが頭のいい選手だとわかります。
放送席は腕が前に行く前にボールがこぼれているといっていますが、ミンターがヒットしたのは投げた後に見えます。
自分でボールをこぼしたのならば、ちょっとでも前に押していればフォワードパスだと思います。

ごたごたしていてフォールススタート。
その次のプレーでストリップサックされてリカバーされました。
ルドルフ+クレミングスだったのですが、ジョーンズを止められませんでした。
とにかくFGに抑えましょう。

エリントンへのパスはウェインズが止めました。
ケンドリクスがフィッツジェラルドのカットブロックを受けて、いったん下がります。
エンドゾーンに投げられたパスはインコンプリート。ウェインズはついていくので精一杯です。
ケンドリクス戻りました。
ARIがタイムアウトを取りました。
解説はエイクマンでした。
プレッシャーをかけましたが、ジョンソンにパスを通されました。
フィッツジェラルドへのパスが通りましたが、ムネリンがすぐタックル。
フルブリッツをかけました。ローズがカバーしていてインコンプリート。これもアンキャッチャブルとされたかもしれません。
ジョンソンへのパスでTDを取られました。ムネリンがカバーしていたのですが、カットできませんでした。
6点差になりました。

オフェンスで時間をかけて点を取ろう!

パターソンはリターンせず。
ディグスへのパスで7ヤードほどゲイン。
マキノンへのハンドオフは3ヤードロス。ルドルフが割り込まれてしまいました。
パスはDLにカットされました。
パントは大きくリターンされました。ジョンソンが吹っ飛ばされすぎです。
50ヤードからディフェンスです。

ジョセフが道をふさいで、ウェインズがタックルしました。
QBサックです。ハンターが仕留めましたが、ジョセフもステファンも押していました。
3人ラッシュで3人とも抜けてプレッシャーをかけました。ボールがLOSまで届かずインテンショナルグラウンディング。

パントはシェレルズが大きく戻しましたが、ブロッキングで2枚もイエローが出ました。
シェレルズが脇腹を押さえていたそうにしています。
2枚のフラッグに説明がありましたが、実況が言っていたプレーの最後に出たフラッグは何だったのでしょうか。
8ヤードからの攻撃です。
アシアタのランはほぼ0ヤード。
プレーアクションでロールアウトしましたが、レシーバーが見つからず。インコンプリート。
フラッグで下がり3rd14。
シーレンのクイックポストに通りましたが、1stダウンには届かず。

ロックのパントはラッキーバウンドもあって70ヤードほどのパントに。
ブラザーズがすぐ取ってしまったのを、アンソニー=ハリスがとがめています。

WRスクリーンは、うまく止めました。
フォールススタートを指摘していましたが、取ってもらえずでした。
ここで2ミニッツ。
時間切れよりも4thダウンを止める気持ちで行きましょう。

ロングパスは3人でカバーして止めましたが、ケンドリクスは大丈夫でしょうか。
ハリソン=スミスがQBサック!!!
DETの反省でしょうか。

パスインコンプリートでしたが、トム=ジョンソンがラフインザパサーを取られました。
少しタイミングが遅かったのでしょうか、放送席ではヘルメットをさけているからファウルではないと言っています。

スクランブルで1stダウン。しかも時間を止めました。
パスインコンプリート。バーさんがカットしたでしょうか。
ジョンソンへのスイングパス。ウェインズがよくカバーしました。
パーマーは22回ヒットされているそうです。
ネルソンへのパスをローズがカットしました。
4thダウンです。残り1分を切っています。

ハンターがQBサック!!!!
カバーがリプレイで出ましたが素晴らしいカバーをしていました。

オフェンスは抑えられたけれども、ランを時々出し、ガジェットプレーにも頼りながらどうにか得点し、
ディフェンスとスペシャルチームで勝利をものにしました。
フィッツジェラルドは未だMINで勝利がないのだそうです。

ディフェンスもジョンソンには、やられましたが要所を締めました。ローズが復調してきたのが心強いですね。パーマーは20/38。ほぼ5割しか通されていません。1stダウンもたくさん取られましたが、3rdDownエフィシェンシーとしては3割に抑えました。

Skol!Skol!Skol!Skol!

試合前の入場の時に、音声さんが間違えて前に出てしまい、ジョセフに吹っ飛ばされた動画がNFLに出ています。勝利の余韻とともにお楽しみください。
http://www.vikings.com/media-vault/videos/FOX-Sound-Guy-Is-Trucked-By-Linval-Joseph/70f58b10-ded6-4397-8395-7916a21aabb5

さて、ようやく勝ちが出て、勝ち方を思い出したと思います。
次の2試合は木曜日です。特に次の試合はホームで負けてしまったDETとの試合です。MUST WINなゲームと言っていいでしょう。
JAXとWASも頑張ってくれると良いですね。

Skol!Vikings!
posted by aimadu at 06:44| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week11ネタバレ実況その3

タイムオブポゼッションで倍取られています。

パターソンが久しぶりにやってくれました!!
最初いいブロックをもらいましたが、やはり途中でカットするタイミングに天性のものがあるんでしょう。あそこでSを交わせるかどうかで30ヤードのリターンかTDかが分かれます。
XPポイントも決めました!!!!

ジョンソンのランにはCBがタックル。
ピック6のプレーでムネリンがホールディングではないかと何度も出てきていますが、最初にちょっとつかんだもののその後はレシーバーの方が懐に押し込んできている形なので反則というのはきついと思います。
グリフィンがプレッシャーをかけ、中央のジョンソンへのパスにはケンドリクスがついていました。
グリフィンがヒットして、パスはインコンプリートに。
スミスが痛そうにしています。リプレイを見ると脳しんとうが心配されます。ケンドリクスと当たっているので。

でもスミスは足を治療しているようです。右の足首のようです。これならテーピングで戻れる可能性もあります。
ディグスへのパスが通りました。もしかして今日初めてでしょうか。
マキノンへのトスはプルアウトした二人がいいブロックをしました。
マキノンのランはロスしそうでしたが、マキノンの個人技で一人交わして5ヤードのゲインに。
ロールアウトからエリソンにパスが通りましたが、オフェンスのインターフェアが取られそうな。と思ったらルドルフへのホールディングでした。
ワイルドキャットでしたがキープのマキノンは完全に飲み込まれました。まだハンドオフしていたほうが。
オフタックルへのランでしたが、まったくブロックができず。0ヤードです。
プレッシャーの中、早いタイミングでシーレンへのパスが通りましたが、1stダウンには届かず。
4ダウン3ですがいくのでしょうか。タイムアウトを取りました。
パターソンへのパスはインコンプリートに。
オフェンスの獲得ヤードは140ヤード程度だそうです。

ジョンソンに1列目は抜けられましたが、ウェインズがタックル。
今度はDLが道をふさいで、ウェインズがタックル。
ロビソンがサック!!いいところで出ました。DTからブルラッシュでダブルカバーを抜けました。
シェレルズのパントリターンは狭いところで5ヤードほど稼ぎました。痛そうな挟まれタックルを受けました。

パターソンへのパスはピーターソンにチップされて危うくインターされるところでした。
そういえば、ピーターソンはディグスにつくと言われていましたが、ついていませんね。
ルドルフにパス。逆のチェックダウンがあいていたような気がしますが。
シーレンへのパスが通りましたがオフェンスのPIを取られました。これもちょっと厳しいですね。
ドローしましたが、その前にディレイを取られました。3rd21まで下がります。
ドローでパントを選択。ファンはブーイングしています。
パントはいいカバーをしました。30ヤード地点からディフェンスです。

スコールチャントが響く中、両DEがプレッシャーをかけ、ロングパスを狙ったところをローズがインター!!
ディグスがヒッチを取って、ディグスらしいターンで7ヤード取りました。
WRスクリーンはディグスが欲張ってロスしてしまいました。
パターソンが1stダウンを取りました。ブリッツが来て厳しかったですが、インフェイクのアウトでパスを取った後、手を伸ばして1stダウンを取りました。ブラッドフォードが低いタックルを受けました。
アシアタでワイルドキャットで大きく取りました。
ピーターソンがブロックする気のないブラッドフォードを吹っ飛ばして、パーソナルファールを取られました。これを反則とするのかは、ちょっと私も疑問です。ニュートンだったら反則じゃないでしょうね。

ディグスに投げましたが、いいカバーをされました。
マキノンのワイルドキャットはあまり進めず。
ディグスがアクロスで取って1stダウン。
粘っているところにジェファーソンがヘルメットヒットをしてパーソナルファールを取られました。
ペレーラはバッドコールと言っていますが、これは取っても良いと思います。
ピッチフェイクでロールアウトしましたが、エリソンへのパスは通ったもののゲインなし。
マキノンの中央のランはほとんど出ず。3rdダウンになります。
パターソンを狙ったパスは、コンタクトされましたが、触れないボールということでフラッグは出ず。
FGはど真ん中に決まりました。
13点差です。

ジョンソンへのパスが通りました。やはりケンドリクスがついているように見えます。ゾーンなのかもしれませんが。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 05:26| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week11ネタバレ実況その2

パターソンはリターンせず。

プレーアクションからルドルフへフラット。
2ヤードをランで取ろうとしましたが取れず。
パターソンのシャロークロスにパスが通って1stダウン。さらにサイドライン際を駆け上がって相手陣まで。
マキノンのワイルドキャットですが、あんまり効果的でないような、、、でも5ヤード取っています。
ワイルドキャットから、フリーフリッカーでシーレンに投げました。取れませんでしたがインターフェアをもらいました。パターソンのジェットスイープからブラッドフォードにバックトスしての結構凝ったプレーでした。もうちょっと奥に届いていれば気持ちよくTDでしたが、ディフェンスも詰めてきていたので投げる時間が余りありませんでした。
Iフォーメーションからアシアタがカットバックして左へ。止まったと判定されましたが、リプレイでは完全に
タッチダウン。またチャレンジします。
タッチダウンになりました!
1stゴールから、ランで一発でTDを取ったことに意味があります。
そしてXPはブロックされました、、、
XPはミネソタにとってはアドベンチャーであると解説に言われてしまいました。
ルドルフが端を取り漏らしました。

ビッグリターンを食らいました。
プレーアクションにロビソン?がうまく詰めて、RBにオーバースローさせました。
グリフィンが手をかけましたが、捕まえられず。でもパスはインコンプリートに。
止めどきです。
フィッツジェラルドへのパスは低くてインコンプリートになりましたが、ウェインズがイリーガルコンタクトを取られ、1stダウンに。リプレイで見てもペナルティはきついですね。
ランで8ヤード取られました。バーさんがどうにかジャージをつかんでタックル。
まぁランで来るでしょう。ランで1stダウンを取られました。
オープンのランはスミスがあがって2ヤードで止めました。
ディフェンスはバーさんがコールを出しているようです。
バーさんがノーチェックで入ってパスインコンプリートになりましたが、またウェインズが反則を取られました。つかんではいるけど、
ウェインズがカットしたように見えましたが、フィッツジェラルドが取ったようです。
ランで人数的に危ないところでしたがケンドリクスがぎりぎりでタックル。
ロールアウトのパスは、ウェインズが飛び込んでカット!
ローズは引っ込んでいるわけではないのでフィッツジェラルドに常にローズがついているのではなく、左右で決めているようです。
ローズがピック6!!エンドゾーンからだったんじゃないでしょうか?
パーマーの後ろからのリプレイがでましたが、確かに重なっていてその瞬間には1対1になっているように見えました。影になっていたところからローズが前に出てきてボールをすくい上げ、そのままエンドゾーンまで返しました!!!
ビッグリターンから、反則で進まれる厳しいシリーズでしたが、これ以上ない締めくくりでした。
100ヤードのリターンでした。

タッチバックでした。
ジョンソンへのパスで10ヤード取られました。バーさんのカバーだったでしょうか。
ドローでニューマンは交わされましたが、センデホが止めました。
ドローでジョセフが届きそうでしたが届かず、1stダウン取られました。
2ミニッツです。

ジェリー=バーンズが来ています。
ジョンソンとグリフィンがプレッシャーをかけてジョンソンへのパスをオーバースローさせました。
TEのフラットでムネリンがボールをはじき出しましたが、アウトオブバウンズにでてしまいました。
ARIがタイムアウトを取りました。
ジョンソンのポストで1stダウンを取られました。バーさんがマッチアップ
グレシャムがタックルを外してTD。スミスがボールをカットしようとして届きませんでした。
ボールがこぼれましたが、TDの後でした。
50秒残して3点差にされました。
ARIのロスターにはTEが一人しかいないそうです。そういえばグレシャムってCINにいたのでは。

キックはタッチバックに。
ドローでいきます。流すようです。
パスはDLにカットされました。流すのではなさそうです。
アシアタのフレアに投げましたがアウトオブバウンズには出られず。ちょっとブーイングされてます。
QBサックされました。サールズが逃しました。

ディフェンスがやはり厳しいですね。
ジョンソンにはバーさんがマッチアップしていますが、今のところやられています。
フィッツジェラルドには固定でないようですが、ウェインズがついたときは負けています。最後に一度パスカットしたので、GB戦のように一発がつんとやり返してくれるといいと思います。

たまにはオフェンスで勝つ試合でもいいと思います。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:34| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week11ネタバレ実況その1

おはようございます。

そろそろ勝たなくてはいけないWeek11です。
ケンドリクスもムネリンも両方アクティブになりました。
向こうはマシューとDTのピータースがinactiveです。

新加入のキッカー、フォーバスのキックオフからスタートです。
バウンドして結局タッチバックになりました。
ローズも出ています。
フォールススタートをもらいました。
パスプロが持ってフィッツジェラルドにパスが通りました。スミスがすぐにタックル。
ドローをスミスが止めました。
ニッケルにケンドリクスが残っています。
左のバンチから、DTに入ったロビソンがノーチェックでブリッツ、慌てて中央のスラントに投げてインコンプリートでした。57でしょうか27でしょうか。カバーもちゃんと間に合っていました。

シェレルズが大きなリターン。
11と40が素晴らしいブロックをしていました。

マキノンの中央のrun、少ししかとれませんでした。
マックスプロテクションからシーレンの眺めのフックに通りました。
ピストルから、中央にハンドオフ、マキノンが8ヤードとりました。
レッドゾーンに入っています。
ルドルフのコーナーへタッチダウン!!ですが、右Tのサールズがフェイスマスクの反則をとられました。
マキノンの右タックルが結構出ました。いいブロックもあったと思います。

シーレンのエンドゾーン手前隅へのパスはインコンプリートの判定を受けましたが、リプレイでは完璧なタッチダウン。もちろんチャレンジをします。
そしてタッチダウンに!!
久しぶりに最初のシリーズをTDに結びつけました。
そして、XPも決めました!!!!(それほど喜ぶところではないですが)
ランも二ついいゲインがあったし、プロテクションの人数を増やしてWRに投げ込むところも成功しています。

ジョンソンのオフタックルは集まって3ヤードに止めました。
ノーバックから一番外のブラウンのフックでしたが、インコンプリート。ローズがついていました。
またノーバックからインコンプリートでしたが、フィッツジェラルドに対してムネリンがホールディングをとられました。ホールディングというより、転んで巻き込んでしまったという感じでしょうか。

中央のラン、グリーンウェイがタックルしたように見えましたが、解説はケンドリクスと言っています。
フィッツジェラルドにはニューマンがついています。
ジョンソンのランで1stダウンをとられました。
回線が重いのか、画質が悪くて背番号が読めません、、、

プレーアクションからフィッツジェラルドにパスが通りました。
アンダーニースのTEにパスが通りました。バーさんのゾーンだと思うのですが、ちょっと上がっちゃったでしょうか。
JETスイープで、一人いいつぶしをしたのですが、結局結構とられました。
中央のランをトム=ジョンソンがロスタックルに。
フロイドにパスが通って1stダウン。ケンドリクスがちょっと欲張ってカットにいって届きませんでした。
インサイドのランはハリソン=スミスが1対1で穴を埋めて止めました。
解説がオクラホマドリルのようだと言っています。
インサイドのランでTDをとられました。
ラインが押されてしまいました。
同点にされました。
パスを結構通されましたね。もう少しプレッシャーがほしいところです。

持っていたATOKがWin10に対応していないとかでMS-IMEを最近使っていたのですが、新しいATOKを買って入れ直しました。やはり軽快になった気がします。

最初のリターンはタッチバックでした。
マキノンの右オフタックルは4ヤードほど取りました。
シーレンがまたいいハンドキャッチをしました。
Iからのランは2ヤード。
マキノンに投げたのは何だったのでしょうか、Tだけ出したスクリーン?ミンターにうまく守られてロス。
ディグスに投げましたがオーバースロー。

パントでは12のジョンソンがガンナーに出ています。シーレンがデプス的にも上がったのでしょうね。
パターソンがピーターソンにホールディングをされたので、たぶんいいポジションがもらえるでしょう。
6ヤードからのディフェンスです。
ジョンソンに大きく取られました。大きなランニングホールができていました。
また結構ジョンソンに大きく走られました。
そろそろプレーアクションが来そうな。
と思ったらまたランで10ヤード取られました。深く守っていたスミスが10ヤード付近でタックル。
またランでしたが、今度は止めました。
またランで、1stダウンを取られました。

フィッツジェラルドにパスが通りました。ニューマンが吹っ飛ばされましたが、あんな取る直前に吹っ飛ばしてPIじゃないのでしょうか。
ランを止めました。
IUPATIが痛みました。ブーンの前にほしいと言っていた選手でしたっけ?
フロイドへパスが通りました。ムネリンの前ですが、ちょっと間に合わないタイミングでした。
ランで7ヤード進まれました。
今度はランをLOSで止めました。3rd2になります。
ノーバックに、ブリッツでプレッシャーをかけて、オーバースローさせました。
攻撃的なコールが戻ってきました。
FGで3点リードされました。

ディフェンスが押されていますが、こういうときこそオフェンスで勝たないと!

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:49| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする