2016年11月25日

Week12ネタバレ実況その2

5ヤードのパスの後、ランは2ヤードくらいで止めました。
ウェインズ戻っています。
テイトへのショートパスにケンドリクスがタックルミス。大きく取られました。
スタフォードが8/8と紹介された瞬間にローズがパスカット。
ウェインズがカバーしているところオーバースロー。10ヤードインだったでしょうか。
スタフォードがスクランブルして1stダウン。
ロビソンとジョンソンがホールドされぎみでしたが。

ランはロビソンが1列目で止めました。
ムネリンがブリッツして、投げ捨てさせました。
ブリッツをかけて、オーバースローさせました。ウェインズのカバーは、ちょっとフェイスに引っかかった瞬間がありましたが、見逃してもらえました。フェイスマスクは確か触っただけでは反則にならなくなって、引っ張ったときだけ反則になっていたと思います。
ようやく3rdダウンを止めました。
スタフォードは8/8の後、0/4。連勝の後の連敗の恐ろしさを知ってもらいましょう。
パントは10でフェアキャッチ。シーレンがリターナーになっています。

シーレンのアクロスに5ヤードのパスが通りました。
ダブルTEからランを仕掛けましたが、ランブリッツにどんぴしゃ引っかかってしまいました。
アシアタのフレアはLBと1対1になりましたが、もうちょっとで1stダウンに届かず。
パントは30ヤードでフェアキャッチ。

お互いロングドライブの後はディフェンスが止めました。
ミネソタの方が苦しいですが。

テイトにロングパスが通りました。
ポストを見せてのコーナールートでした。
リディックのランはセンデホがカットバックを抑えられず10ヤードのゲイン。
リディックがWRにシフトしてのWRスクリーンは、きちんと止めました。

ブリッツをかけましたがボウルディンにパスが通り、3rd3。
エンドゾーンへのパスはウェインズがついてカットしました。一度振り切られましたが、最後に手を伸ばしてカットしました。
FGで3点のリードを奪われました。
ロングパスと10ヤードのランが続いて、押され気味でしたので、FGによく止めたと言っていいでしょう。

パターソンがリターンしましたが20ヤードにちょっと足りませんでした。
12マンで、5ヤード進みます。
バージャーが脳しんとうで、イーストンに変わりました。
マキノンがカットバックして、捕まれそうになりながらも抜けて、1stダウンを取りました。
エリソンへのパスが通りました。アウトしてからアップのコース。

パターソンへのWRスクリーンはディフェンスに押し込まれて、1ヤードゲインにするのがやっと。
ルドルフへのパスはフラッグが出ました。DLがボールに触っているので、その後はコンタクトしても良く、解説が言うように反則ではありません。
DETからレッドフラッグが出ました。以前は反則にはチャレンジできなかった気がしますが、できるようになっているのですね。
オーバーターンしました。3rd9になります。
とりあえずクレミングスにはヘルプをつけましょう。
シーレンにパスが通りましたが、さすがに1stダウンには至りませんでした。
4thダウン2行くようです。
シーレンへのパスは、DLにチップされて通りませんでした。
40ヤード付近でターンオーバーです。

ホームセンターのホームデポというところがスポンサーでCMを打っているのですが、
マキタやリョービの工具が

ランで8ヤード取られました。
ロバーツがフリーになりましたが、ボールが合わずに助かりました。ウェインズが転んでしまっていました。
リディックへのショートパスをケンドリクスが止めて、3rdダウンStopしました。
50ヤードですが、4thダウンに来るようです。
Iからフルバックのランですが、止めたようです。
反対側から見たら、止めていないようです。
チェーンで計ったら止めていました。2ミニッツを切ったので、レッドフラッグは出されません。と思ったら出されていました。
スタンズです!!!
ロビソン素晴らしいプレーでした。

パターソンへのWRスクリーンでしたが、割り込まれてロスしました。
シーレンへの中央のパスはインコンプリート。激しいヒットを受けましたが大丈夫でしょうか。
ルドルフにショートパスを投げて、パントを蹴ります。
スタフォードは浮かぬ顔です。スタフォードはサイドラインで一人で座っていることが多いような気がするのですが、チームに溶け込めているのでしょうか。
15ヤードでフェアキャッチしました。

リディックへのショートパスから1stダウンを取りました。
ジョーンズへの10ヤードフックが通りましたが、外には出しませんでした。
タイムアウトが無いのでスパイクしました。
50ヤードへのパスが通りましたが、タックルして下がりながら押し出されたのでクロックが止まりませんでした。慌ててスパイクしました。
イーブロンへのパスはオーバースローでした。ウェインズが裏を取られていて危ないところでした。
サイドラインを守ってのカバーはオーバースローでした。
残り5秒でプレーをしてきます。FGは蹴らないようです。
ヘイルメリーっぽく投げたところ、センデホが取りましたが、アウトオブバウンズだったのでインターにはなりませんでした。

かなり押されていて、危ないところも多いのですがラッキーなオーバースローが多いので、食い下がれています。

後半はリターンからです。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:06| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week12ネタバレ実況その1

イナクティブは、ニューマンとディグス。
Sの二人はとりあえず出られるようです。

向こうではレビーが結局イナクティブ。もう2年(4試合)くらい当たっていないのではないでしょうか?

今日は開始が早いけれども、これはセレモニーとかが長いってことみたいですね、、、

キックオフからで、タッチバックとなりました。
DETはLTとLGがルーキーだそうです。
テイトへのWRスクリーンは、慎重にカバーして4ヤードほどのゲイン。
中央のランはコールが止めました。すぐ出て行ったのでローテーションでしょうか。
3rdダウンのパスは、ボゥルディンのショートフックに通りました。
リディックのランはバーさんがLOS上でタックル。右から左にカットバックしようとしました。
ドローにグリーンウェイがタックルできず。1stダウン取られました。
プレーアクションからパスプロが持ってジョーンズにパスが通りました。反対から大きく横切るコースでした。

中央のランはバーさんが止めましたが5ヤードのゲイン。
バーさんがブリッツしましたが、ジョーンズに10ヤードのパスが通りました。
レッドゾーンに入りました。

ドローは中央のDLで止めました。
スタフォードがスクランブルしてグリーンウェイが止めました。でも、スタフォードに抜かれそうで怖いです。
中央のボゥルディンに通りました。長くカバーしましたが。バーさんのカットは届かず。
ボゥルディンへのTDパス。ウェインズが少しインしてのアウトに外されたようです。
8分かけられてのTDドライブを食らいました。
3rdダウンに3、4回くらい追い込みましたが、すべてコンバートされてしまいました。
紫の海賊船さんが懸念するようにランStopに苦しんでいますが、攻撃は徐々にパスに偏ってきているように思います。
スタフォードも6/6だそうです。ラッシュももう少しのところまで行ってはいますがヒットまで至っていません。

ディフェンスが苦しいときこそ、オフェンスが頑張らないと。
パターソンはエンドゾーン真ん中でしたがリターンせず。道が見えなかったのでしょう。
ルドルフへの5ヤードほどのフックパス。
マキノンが中央をついて1stダウン。
パターソンへの5ヤードほどのスラントパス。
シーレンのWRスクリーン。フリーのオフェンスに囲まれていましたが、1stダウン。
ルドルフのオーバーザミドルにパスが通りました。
マキノンのカットバックは出ず。でもDLが一人早かったような。
ブリッツが来ましたが、シーレンに5ヤードのパス。
3rdダウン、トレッドウェルが出てきました。
ルドルフへのパスははじいてしまいました。でも、奥にいたまさにトレッドウェルがホールディングをもらいました。
Tからのマキノンへの早いハンドオフは2ヤードほど。
クレミングスがストリップサックを許してターンオーバー。フォワードムーヴしているように思いましたが、フィールドでの判断がファンブルだったので覆ることはないでしょう。
ちょっと落ち着いていたのでクレミングスに1オン1させてしまいました。
おっと、覆りました。腕に手をかけられていましたが、しっかりつかんだまま前に投げていたのでセーフでした。
トレッドウェルがはじいたところ、インターになりました。
結構リターンされたところ、シーレンの頑張りでTDは防げました。
フラッグは、ディフェンスのPIでした。解説も行っていましたが、ちょっときつい判定で。でも助かりました。トレッドウェルの左肩が開いた形になったのが取られたポイントかと思います。実はトレッドウェルがボールとDの間に体を挟もうとして自分から体を回したのと重なって大きく見えたのだと思います。
DETファンの皆さんごめんなさい。でも勝ちたいんです!

マキノンのオフタックルは、割り込まれて足をつかまれ、ロスしないのがやっとでした。
ルドルフのフラットに8ヤードほどのパス。パターソンとのクロスが効きました。
アシアタのランは、いい感じに抜けてタッチダウン。
ルドルフがいいブロックをしました。

ターキーが写っています。こいつも夜には食べられてしまうのでしょうか。
同じように長いドライブを成功させました。

キックリターンは結構走られてしまいました。
オフィシャルがサンクスギビングでフィーチャーされています。

ロバーツへのパスが通りました。ウェインズが足を引きずっています。そのまま続けようとしましたが、プレーが止まったから一度出なくてはいけません。アレクサンダーが少なくとも1プレーは出ます。

1つラッキーはありましたが(パスインコンプリートのオーバーターンは、あれで正解と思います)、がっぷり四つといったところでしょうか。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:18| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

Week11その後

JAXもチャンスがあったと思うのですが、勝てないチームとはあんなことをしてしまうものですね。
WASはきっちりと勝ってくれました。

オフェンスがロングドライブできないので気づきませんでしたが、後半はARIを30ヤード未満に抑えていたのですね。素晴らしい。

さて、サンクスギビングはDETへ乗り込んでの直接対決。ホームで既に負けてしまっているので、アウェイだからと言って負けるわけにはいきません。
ブラッドフォードはネイティブアメリカンの血筋だったはずなので、本人としてもサンクスギビングには心に秘めた物があるでしょう。
(そういえば、織田信成が明智の子孫と会ったみたいなニュース記事を見たことがあります)

インジャリーレポートは、かなり厳しい状態です。ショートウィークなので回復を優先しているということだといいのですが。
スミス、センデホ、ニューマンが火曜日までDNPで、DBに集中しています。
カース、ハリス、アレクサンダーだとしたら、ちょっと厳しすぎます。ディフェンスでシャットアウトして勝つ形は想像できないので、いよいよオフェンスで勝つ形を作ってもらわなくてはなりません。
フリーフリッカーだのフェイクパントだの何でも駆使してとにかく点をかすめ取りましょう。WASの前半のようになぜか点を取っちゃうというのを目指しましょう。

オフェンスではディグスと、PRのシェレルズがDNP。
もちろん大きな痛手ですが、WRとしてはライトかトレッドウェル、PRとしてはシーレンが入れば、どうにか形にはなるでしょう。

一方のDETは、最近対戦しなくて済んでいたレビーが出てきそうです。

ロスタームーブとしては、RBのヒルマンをリリースして、DEのウェザリーをアクティブ登録しました。
ヒルマンはハンドオフやピッチをされた瞬間にディフェンスが目の前に来ている、気の毒なプレーが多かった気がしますが、だからといって是非ともキープしておきたい魅力も感じませんでした。
不可解なのは、層が十分厚そうなDEを増やしたこと。怪我の話も聞いていません。
もしかして、他のチームが狙っているという情報でもあったんでしょうか?

RBをリリースしたということは、エイドリアンの復帰が近いのではないか?と、公式サイトに書き込んでいる人が居ましたが、真偽のほどは定かではありません。
エイドリアンが戻って来てもこのOLで行けるのかは微妙ですが、3rdショートでの苦しみは減るでしょう。エイドリアンが3rdダウンバック的な扱いに我慢できるかのほうが問題かもしれません。
もしかして、エイドリアンには今年は休んでもらって、カリルかスミスを戻すという選択肢もあるのでは無いかと思います。そもそもそれぞれが回復していたらの話ですが。
休養のつもりで、3rdダウンバックやって、要所で走る、というバランスを受け入れてくれるのが一番いいとは思うのですが。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 15:10| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする