2016年10月10日

Week5ネタバレ実況その4

マキノンのドローはさすがに進めず。
パターソンのWRはCBが入ってきてインコンプリートに。
シーレンがすばらしいキャッチをしました!完全にカバーされていましたが、手のひらの分だけ勝ちました。
シーレンが100ヤードを超えました。
アシアタのドローはさすがに見え見え。
アシアタのドローが8ヤードくらい出ました。
マキノンのピッチはディフェンスがたくさん漏れてきてロス。レシーバーのたくさんいる方にした分、ディフェンスもたくさんいました。
パントは10ヤード地点から10ヤードほど返されました。

ハンター?がすごい速さで入ってきて、パスはインコンプリートに。
ドローで10ヤード取られました。ブルーのキャリーは今日初だと思います。
またドローで8ヤード。
またドローで1stダウン。
ハンターがパスをはたきました。
またドローで1stダウン。
TEへのパスはインコンプリート。アレクサンダーが出ていて、今のはインターできたと悔しがっています。
またドロー。今回はDLが壁になってケンドリクスがタックルして3ヤード。
ローズとアレクサンダーのCBになっています。
ホプキンスがサイドラインで見事なキャッチ。
またドローでしたが、ハリソン=スミスがかっとんできてロスさせました。
ジョンソンがプレッシャーをかけましたが、TEにパスが通りました。
ボールオン2ヤードです。
ホプキンスのスラントでタッチダウンを取られました。
ローズが1対1でした。ローズは悔しがっていますが、正直ガーベージタイムなので、それほど痛くありません。

エド=マクダニエルのジャージのおじいさんがいました。

オンサイドキックをトレッドウェルがカバーしました。
なんかトレッドウェルはそんなところばっかり出てきますね。

アシアタのランは4ヤード。
ちょっともめています。
HOUがタイムアウトを取りました。
アシアタのオフタックルで1stダウンを取りました。ちょっとカウンターだったでしょうか。
アシアタの中央のラン。4ヤードのゲインでした。
HOUがタイムアウトを取りました。
アシアタのランで1stダウンを取りました。もう向こうも守る気がないかもしれません。
2ミニッツになりました。

アシアタのランは3ヤード。
ジマーがヘッドセットを外しました。
もうニーダウンです。

5-0でバイウィークに入ります。
レギュラーシーズンの8連勝は現在最長とのこと。今の戦い方ができていれば、当分負けることはないでしょう。
怪我人が多いことと、まだブラッドフォードがフルではないだろうことから、今の時期のバイウィークも良かったとしましょう。

バイウィーク明けは@PHI。
好調なようですが、今週、来週とPHIが勝って全勝対決になるのでしょうか?
ブラッドフォードは自分をトレードで出したチームとの対戦になります。
そう考えるとPHIはそのシーズンに対戦する相手のところにトレードに出したのですね。
最近のPHIはほんとに型破りなトレードをしますね。

奇しくも今日、2010年のブラッドフォードがドラフトされたときのタッチダウン誌が出てきまして、
表紙がサンチェスというところも泣けますが、ブラッドフォードが順当に全体1位になったと書いてありました。その前の年のスタフォードなどに比べると弱いが、その年ではベストであると書いてありました。
この回のタッチダウンには良い写真が載っていますので、中古を探してでもぜひご購入ください(笑)

Skol!Vikings!
posted by aimadu at 05:14| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week5ネタバレ実況その3

ハーフタイム中にチアのロスターを調べました!
ナオさんfrom Japanだそうです。
http://www.vikings.com/media-vault/videos/2016-Cheerleader-Bio---Nao/dd9be899-7ec1-4c77-8150-518971640139
ミネソタで2年目らしいです。
誰とでもディナーにいけるなら誰と行くか?という質問に、「死んでしまったおじいさんと行きたい」というちょっとそれは質問の意図と違うんじゃないの?という答えをしております。(どういう男性がタイプか?的な質問だと思うのだけど)
選手がいくのはまだしばらくかかりそうだから、チアの方から攻めていけないもんでしょうかねぇ。

今日もランドルやそれ以前のレジェンドたちがたくさん訪れています。
前半はディフェンス喪失ヤード66だそうです。
ホプキンスとフラーは両方とも0でした。(ホプキンスはフラッグを取りましたが)

リターンは30ヤードまで進まれました。
プレッシャーをかけて、フラーへのロングパスはオーバースローに。
ロビソンがストリップサックをしましたが、リカバーはHOU。
ダブルAから、ストロングへのクイックなショートパスは取ってすぐにタックルして4thダウンに。
シェレルズのリターンは外に押し出されて、20ヤード付近からの攻撃。

パターソンでています。
シーレンへの浮かせたパスがまた通りました。30ヤードのパスでした。
ドローにはクラウニーが割り込んできていてロス。
シーレンはここまで97ヤードのキャリアハイ。
サールズのフォールススタート。
ドローはクラウニーに止められました。
ライトへのパスは通りましたが、1stダウンには至らず。クレミングスがフェイスマスクの反則をしていて、15ヤード下がって3rdのやり直しです。
3rd30ヤードです。
パントのつもりで長く投げて反則をもらいましょう。
アシアタへのドローで5ヤードほど進んでパントにしました。さすがに無理する点差でもないですね。

ウェインズとコールがパントリターンを止めました。
ドローをLOSで止めました。
フラーへのロングパスは、ニューマンがついていくのが精いっぱいでしたが、ドロップしてくれました。
中央への深いパスをセンデホがインター!!
11番へのパスでしたが、3人くらいで囲んでいました。
TEが首を痛めたようです。手は動いています。リターンの時にセンデホにタックルをした選手でした。
体を起こされて座っているので、そこまで深刻ではなさそうです。
立ち上がって歩いて帰りました。
バーがパーソナルファウルを取られました。
ジェットスイープ?
マキノンのオフタックルは進めず。クラウニーが回ってきました。確かに速いようです。
プルーイットが膝を痛めたようです。
シーレンへのスラントで1stダウン。

マキノンのオフタックルはほとんど出ず。
チェックダウンへのパスは危うくDLにインターされるところでしたが、落としてくれました。
ブリッツでルドルフにパスを投げましたが、PBU.ファンはフラッグを欲しがりましたがでませんでした。
パントはインサイド10.ガンナーはウェインズに戻っているようです。

そういえば、今日ショッピングモールに行ったら、ソフトバンクのPEPPERが3台、策の中に閉じ込められてtました。
ホプキンスへのフックが通りました。6ヤードのゲイン。
ストロングへのポストで1stダウン。ムネリンがついていました。
フラーへのパスはニューマンが取ってすぐはたき落としてインコンプリート。
ホプキンスへのショートフックでぎりぎり1stダウン。
ホプキンスへのパスは取ってから結構走られました。採用されませんでしたがローズが反則を取られました。
ストロングへのパスは通ってすぐムネリンがタックル。3ヤード。
TEへのパスにはウェインズ?がカバー。
ジョンソンがQBサック!!外にスタントして回り込みました。カバーもリプレイに出ましたが、全部カバーしていました。
4th16でもプレーしてきましたが、WRスクリーンを止めてターンオーバーです。

マキノンの中央へのランは出ず。
マキノンがWRにシフトし、ライトへスラントが通りました。
またパターソンがTBにシフトし、アシアタにハンドオフで1stダウンを取りました。
ノーバックから中央のルドルフにパスが通りました。今日初めてルドルフにいいパスが通りました。
アシアタのフレアにはLBがついてきてショートゲインにとどまりました。
シーレンへのヒッチパスから1stダウン。
アシアタのフレアには誰もついてこず、ロングゲインとなりレッドゾーンに侵入しました。

ニュートンが女性審判をナンパしています。

Iからのランにはクラウニーが割ってきて、ロス。
エンドゾーンで、パターソンが競りながらTDキャッチしました!!エンドゾーンの奥を横切るルートで、まさにWRらしいルートでした!パターソンのそういうTDは初めて見たかもしれません。

レクサスのCMは漏電しているみたいで、技術者としてはいただけないな。

TEに変なパス。OLがパスプロしていなかった?
ニューマンがホプキンスへのショートパスをPBU。
ストロングへのパスをムネリンが守りましたがホールディングを取られました。
ロビソンがサックしかけましたが、逃げられて投げ捨て。
ストロングへのパスが通りました。3ショート。
DLが追い回してサック。
フラーとホプキンスにダブルカバーをしていました。
パントは10ヤードでフェアキャッチ。

いつの間にか4Qに入っていました。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:40| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week5ネタバレ実況その2

さっきのプレーでブラッドフォードが激しいヒットを受けて、後頭部を地面に打ったようでしたが、元気に戻っています。脳震盪になったら大変なところでした。
ワイルドキャットです。
アシアタにハンドオフして中央のランは3ヤードほど。
シーレンへのパスが通りましたが、3rd1残りました。
パターソンがテールバックにシフトして、アシアタにハンドオフ。1st取りました。
ロールアウトしたもののカバーされていて投げ捨て。

ミネソタがタイムアウトを取りました。
マキノンへのフレアーからサイドライン際を上がって1stダウン。
ジョナサン=ジョセフは脳震盪プロトコルだそうです。スターティングセイフティも下がっているようです。
ルドルフへのパスはオーバースローに。ブラッドフォードがヒットを受けました。
マキノンの中央は、入ってきたDLとすれ違って4ヤードほどのゲイン。
ルドルフには双子の娘さんが生まれたところです。
ライトへのアウトパスで1stダウンを取りました。
マキノンのオープンプレーにはクラウニーが割ってきてロス。
パターソンへのWRスクリーンでゴール前まで進みましたがタッチダウンはならず。
3rdゴールからザック=ラインへのパスでしたがPBUされました。PBUした選手はプレーの始まるギリギリ前に慌てて入ってきた選手でした。もうちょっと早く始めていれば、、、NEとかだと早く始めちゃうんでしょうね。
さすがにエクストラポイントよりも前からのFGはグッドでした。
風邪じゃないですがFGのイップスが相手にうつっているといいですね。

リターンは20未満で止めました。ラマーかな?
ハリソン=スミスがRBフレアーの前に出てピック6するところでしたが、落としてしまいました。
ドローは1ヤードのゲイン。
オスワイラーのビビりが見えたところでクラウドノイズが大きくなります。
ムネリンがPBU!!
パントでどういうわけかシェレルズが中央を抜けてリターンタッチダウン!
さっき狭いところを抜けるといいましたがまさにそんな感じ。フリーで飛びついてきたタックラーが4,5人いたのですが、なぜか届かず。
キャリア5度目のリターンTDだそうです。

オスワイラーのキャラクターなのかオフェンスコーディネーターなのか、ビビり症ですね。
スミスにピック6されそうになった後、次のプレーはもう投げるのが怖いからドロー、といった感じがありありでした。
これではどんどん相手をのせてしまいます。

ストロングへのパス。最初のタックラーが1発で仕留められず、6ヤードのゲイン。
ホプキンスへのロングパスにはローズがついていましたが、フラッグを取られました。
ロビソンのQBサック!勝手に転んでました。これもロビソンが抜けたところでビビったように見えます。
中央のパスをケンドリクスがPBU.バーがQBヒットしています。
3rdロングからWRスクリーンで結構進まれましたが、1stダウンは許しませんでした。
4th4で、もう来ます。と思ったらタイムアウトです。
やはりプレーします。
グリフィンがサックしましたが、オスワイラーがフラッグを要求しています。
ローズがホールディングを取られ1stダウンです。
ドローにグリフィンがロスタックルしそうでしたが、それは振り切られ4ヤードゲイン。
84はTEでしょうか?オーバースローです。ニューマンがついていました。
ホプキンスのコーナーへのパスでTDを狙いましたがローズがついていてインコンプリート。
ホプキンスとローズはお互い、アロットオブハンドファイティングでやりあっています。
FGはグッドで、24-3になりました。

リターンにはシェレルズが入っていたようですが、少し前の列に取らせるキックで誰が取ったかわかりませんでした。
マキノンのランはほとんど進めず。
ルドルフへのシャロークロスは取ってすぐタックルされました。
マーセラスにクレミングスが一瞬で負けてQBサックされました。
パントは50ヤードラインあたりでダウン。
ちょっと悪いフィールドポジションが続きます。
ミネソタのチアは東洋人顔でした。

ブリッツをいれましたが5ヤードほどのパスを取られました。
ドローは3ヤードほどのゲイン。
フラーとホプキンスはパスを取っていないそうです。
パスをケンドリクスがPBUしました。ゾーンでしょうがホプキンスとのマッチアップだったようです。
4th2で来ます。
グリフィンがサックしてファンブルさせディフェンスがリカバーしました!が、ちょっとスタートが早かったか、、、
やはりオフサイドを取られました。結果1stダウンになりました。
リプレイでは結構微妙なタイミングでした。解説は反則じゃなくて素晴らしいタイミングだと言っています。
TEへのパスで2nd1に。
ドローで1stダウンを取りました。2ミニッツになります。

グリフィンの綴りってGRIFFENなんですね。ユニフォームのGRIFFINが間違いだそうです。
TEにケンドリクスがついていたのですがパスを通されました。
フルブリッツで、慌てて投げたパスはインコンプリート。
バーがQBヒットしてパスはインコンプリート。ブリッツではなくオスワイラーがスクランブルしそうになったためスパイのバーが詰めていました。
HOUのレッドゾーンオフェンスは31位だそうです。
エンドゾーンに投げましたが、フラー?が転んでいて誰もいませんでした。ニューマンとの絡みで転んでいました。反則取られずに助かりました。
FGはグッドで24-6に。
バーが審判に何か抗議しています。ケンドリクスがなだめに入っています。

ちょっと進まれつつありますが、この点差ですからFGで止めている分には成功と言っていいでしょう。

シェレルズがキックリターン。20ヤードあたりで止められました。
パターソンは怪我でしょうか?オフェンスに専念でしょうか??
ジョンソンへのWRスクリーンはディフェンスにうまく止められました。
アシアタのドローで7ヤードほどのゲイン。
このまま前半は流すようです。

24-6.ヤードでは進まれるようになってきましたが、少し緩く守っていることもあると思います。
なかなかの横綱相撲になっていると思います。

マッデンのCMが流れていますが、なんか体形が変な感じのむきむきのグラフィックになりましたね。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 03:37| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week5ネタバレ実況その1

デーゲームは初めてですね。ガラス張りが気持ちよいです。
トミー=クレーマーがギャラルホルンに呼ばれました。ただのおっさんになっています。

リターンからです。先週はコイントスに勝ってディフェンスからを取ったので、今日はコイントスに負けたのでしょう。
パターソンのリターンは、ボールを取る前に大きくバウンドしたせいで集まりが良く、15ヤードまでしかいけませんでした。

右サイドからアンブロックで入ってきたので、チェックダウンのマキノンに投げ捨て。
マキノンのランは完全に詰まりましたが、オフサイドの反則をもらって前進。
ダブルAから両方入ってきたところ、アウトサイドのパターソンのフックに通しました。タックルを引きずって1stダウン。

マキノンの右オフタックルが抜けて、8ヤードほどのゲイン。
マキノンの右オフタックル。ザック=ラインのいいブロックで1stダウン。
遅い左オフタックルは反対サイドのDE?OLB?が入ってきてロス。
マキノンがブリッツをうまくピックして、シーレンの15ヤードアウトにヒット。1stダウン。
マキノンのオフセンター?はロス。
ファスコが傷みました。プルインでクラウニーを取ろうとしたのですが、脳震盪のようです。
最近のルールだとこの試合は戻ってこられそうな気がします。
シーレンがフライでなぜかドフリーに、楽々タッチダウン。
ちょっとポストのフェイクをしてジョセフを完全に置き去りに。
エクストラポイントもグッド!!!

ミラーのリターンは、少し横に走られましたが15ヤード付近でしっかり止めました。
プレーアクションから、TEのフラットに。グリーンウェイがすぐにタックル。2ヤード程度です。
ポケットが持ちましたが、最後はロビソンがフリーになったため、外に投げ捨て。
3rd7からインコンプリートです。ムネリンがついていました。
シェレルズが囲まれていたのに、中央をするすると10ヤードほどのリターン。この狭いところを抜けるリターンセンスは確かにスペシャルだと思います。

メトロドームからUSバンクスタジアムへのタイムラプスが紹介されています。
パターソンへのヒッチ。1対1のタックルを吹っ飛ばして、7,8ヤードのゲイン。
マキノンのワイルドキャットで中央をついて1stダウン。
パターソンへのフェイクはやはり効くんでしょうね。
シーレンへのロングパスはカバーされていてアウトオブバウンズへ。
マキノンのドローはDLは抜けましたが、5ヤードほどのゲイン。
エイドリアンとカリルがサイドラインにいます。
アシアタのフレアパスは、ラインバッカーが内側に向いたため、ロングゲインに。
ディフェンスの人数が多い反則で進みました。
マキノンのオフタックルから、外にバウンスして、一人をかわして結構なゲイン。
1stゴールでの中央のランは2ヤードほど。1ヤードにボールが置かれます。
アシアタの中央のランは進みませんでした。
フェイスマスクでボールオン0.5ヤードで1stダウンをもらいました。
アシアタが中央で押し込んでタッチダウン!
Cのイーストンがスイングタックルで出て、クラウニーを1対1で取っていました。
背番号62でハーバード卒。ちょっと親近感が湧きますね。(私はハーバード卒じゃないですが)
これまで2シリーズをTDにして、3rdダウンに追い込まれたのは1度だけだそうです。

ミラーのオフタックルには、そちらサイドのディフェンスが3,4人抜けてLOSでタックル。
ピストルからオフタックル。5ヤードほどのゲイン。
ノーバックに対してダブルAを見せたところ、タイムアウトに逃げました。
確かにAギャップに二人いたら怖いですよね。
RBのフラットにほぼ決め打ちで投げたところケンドリクスがPBU.
シェレルズがまた10ヤードほどのゲインを見せましたが、リターンチームにホールディングの反則。
許したトータルヤードはまだ8ヤードだそうです。
83をFBに入れてのオフタックルは行けそうに見えましたが、ほぼノーゲイン。
ライトへのチェックダウン。3rd5になりました。
ディフェンスがいろいろ動いてブリッツを見せたため、サールズがフォールススタート。
3rdのパスはターゲットが見つからず、左から入ってきたOLBに1ヤードでサック。
パントブロックされかけましたが、どうにか蹴りました。
リターンが大きくなりそうだったところでパターソンが後ろから追いつくようにタックル。
フラッグが出ましたがノーフラッグに。自陣40ヤード付近からのディフェンスです。

ちょっと凝ったスクリーンでしたが、ケンドリクスが4ヤードでタックル。
ディレイでのオフタックルはLOSで道をふさいで止めました。
TEが開いていましたがパスは届かず。抜けたラッシュは無かったもののポケットが縮んだのでびびったか?
FGはそれほど長くなかったですが、ミスしてくれました。

パターソンのジェットスイープ?は、ライトのいいブロックの後、ごりごりとタックラーを押して進みました。
マキノンのワイルドキャットはむしろロス。
ブリッツ二人で一人がアンブロックに。ヘッド2ヘッドのタックルをされましたが、その瞬間中央にシャロークロスで入ってきたライトにパスを出していました。1stダウン。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 02:45| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week5直前

今日は仮眠をしないまま試合に突入です。
途中眠くなったり、仕事したくなったりして実況が途切れるかもしれませんが、ご勘弁を。

ディグスとエリソンがイナクティブだそうです。
ディグスの穴を埋めるのはパターソンなのか、ライトなのか、はたまたトレッドウェルなのか。
パターソンとシーレンとトレッドウェルを出して、ランをコールしまくるっていうのもありかもしれません。
パスディフェンスのスタッツが良いですが、ランではプルインガードに2列目が取られている姿を良く見ました。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 02:00| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする