2016年10月06日

Week4その後

見直しました。

シェレルズとパターソンのガンナー、素晴らしいですね。
先週の試合では、パターソンが出たときに、相手がフェイクパントでないかと混乱してくれましたが、おそらく今週は完全にマークされた中でのあの働き。
来年はシェレルズのような、リターナー+ガンナーの形で残ってくれないですかねぇ。

前半終了時のスクイーブキックのレシーブで、トレッドウェルがひっそりとボールタッチしていました。
たぶん、これがボールに絡んだ最初だと思います。

オフェンスは素晴らしい3rdダウンエフィシェンシーを見せましたが、ディグスが2回も1stダウンとなるパスをドロップしなければ、もっとすごい値になっていたところでした。
後半にディグスがサイドライン際の球をキャッチした後、なぜか頭を抱えているシーンがありました。パスは取れたのになんでだろうと考えてみると、たぶんキャッチ後に外に出されて時間を止めてしまったことを悔いていたのだと思います。確か3Q中盤でまだまだ先のある時間帯でしたが、確かにランを大目にした逃げ切りモードには入っていました。そういうところを見ると、やはりディグスは考えながらプレーしている、いわゆるフットボールIQの高いプレイヤーなのだなということがわかります。
なので修正してくれるでしょう。

ローズとベッカムの小競り合いは、正直ローズが悪いような気もしますが、とにかくWRをいい気分にさせないこともディフェンスのテクニックなので、反則取られない程度に頑張ってほしいと思います。
でも、ローズが帰ってきて本当に助かっています。来週のホプキンズもお願いします。

ディフェンスのノーサックは、マニングの臆病なまでの早投げによるもので、その分パスが通っていないのだから全く問題ないと思います。オズワイラーは直接見ていませんが、スタッツではインターも多く、期待できるんじゃないでしょうか。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:01| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする