2016年10月04日

ネタバレWeek4実況その3

後半開始のキックオフはリターンせず。
ジョンソンにロングパスをいきなり通しました。
ディグスのリバースは、まったく出ず。
パターソンへのWRスクリーンは、一人ブロックできず、あまり進めませんでした。
ディグスがアクロスでカバーされながらも1stダウン。
チェックダウンのアシアタが、結構進みました。
マキノンのカウンターはロスしてしまいました。Sがフリーになってしまっていました。
マキノンへのチェックダウンはSにタックルされて通らず。
FGを狙います。外しました。

ベッカムへのパスは低かったのでドロップしました。
オフタックルのランをハリソン=スミスが止めました。
混乱している中、タイムアウトを取らずに無理にプレーをはじめ、ベッカムに無理投げしたところ、
ローズが余裕でインターしました!

マキノンのピッチは3ヤード。
プレイアクションから、ちょっと迷いましたが、ルドルフに通しました。
WRスクリーンのパンプフェイクをした後のプレーで、フィラデルフィアがやっていたプレーらしいです。
ランプレーがひとつありました。
ルドルフへのパスはインコンプリート。カバーもされていました。
3rd8からはクレミングスが抜かれてしまい、結局投げ捨て。
FGは、今度は決めました。

Play60を今年もやっています。以前は日本でもボールを安く提供したりしていましたが、またプロモーションしてくれないでしょうか。最近私はタッチ、フラッグから離れてしまっているのですが、

ロールアウトから、TE?RB?にパスが通りました。
クルーズのスラントにウェインズがついていてインコンプリート。
ベッカムのフライにパスが通りそうでしたが、どうにかインコンプリート。ワンハンドでやられるかもしれないところでした。調子に乗っているときは取っちゃうんでしょうが、今日はフラストレーテッドです。ニューマンはもう38になったんですね。
パントは20ヤードでフェアキャッチ。

マキノンのスイープ?はブロックが粘って進みました。と思ったら4ヤードでした。
マキノンのカウンターは全く出ず。
3rd6で4人のDEを入れてきたらしいです。
ルドルフへのパスは、かなり絡まれていました。ちょっと遅くフラッグがでました。
グルーデンはアンキャッチャブルじゃないかと言っています。
ロールアウトからターゲットが見つからず、近場のプルーイットに投げました。取ってから結構進みました。
アシアタへのハンドオフは、完全に囲まれてロス。プルーイットがバーノンに仰転を食らいました。
パターソンへのアウトで1stダウン。空中でタックルを受けましたが、しっかり取りました。WRっぽいです。
もう時間をつぶしに行っているんでしょうか、両TEからアシアタの見え見えのラン。もちろん進みません。
スパグニュオーロはブラッドフォードをドラフトした時のSTLのヘッドコーチだったんですね。
ジョンソンが抜けていたっぽいですが、ロールしていたので、スクランブルでした。
ルドルフにパスが通って1stダウン。インフェイクしてからのアウトでした。
マキノンがパスプロを漏らしたところ、マキノンにパスを通しました。ほとんど進んでませんが。
スクリーンパスでしたが、ブリッツが入って早かったのでちゃんと投げられずインコンプリートでした。
時間が無くなりタイムアウトを取りました。
かなり時間を使って攻めることができています。
ディグスがフリーになっていましたが、オーバースローしてしまいました。オールアウトブリッツにパスプロはどうにか持っていたように見えましたが。
パントは8ヤード付近でフェアキャッチです。

TEがフリーになっていました。
シェパードの浅いアウトが通りましたが、すぐにタックル。

Go!Vikes!

スクリーンパスで大きく進まれてしまいました。
センデホが止めてほしかった。

エンプティで来ます。シフトしてきたRBへのハンドオフ。
ウェインズがクルーズへのパスをディフレクトしましたが、フラッグを取られてしまいました。
RBにケンドリクスがソロタックルしましたが、エンドゾーンに倒れこまれてしまいました。
1TD差になりました。


パターソンはリターンしますが20ヤードちょっと。
マキノンのランはやはり進まず。
パスがディフレクトされましたが、パターソンがどうにか取って、3rd4.
ブリッツされましたが、ルドルフにパスが通りました。
DLの手の間を投げていました。
パターソンへのWRスクリーン。
アシアタのランは、完全に詰まっています。
アシアタへのフレアで1stダウン。
ジョンソンのフライが通りました!
マキノンがアンタッチでタッチダウン!!!
ブーンがプルインで素晴らしいブロックをしました。
追いつかれかけたところで突き放す、素晴らしい試合運びです。
バックアップCBが狙われているそうです。

コールがKRをタックル。
ピッチをハンターがタックル。
TEに中央のパスが通りました。
ベッカムにロングパスを投げましたが、オーバースロー。ローズがついています。
ドローで少し進まれました。ケンドリクスがちょっとブロックに取られ気味です。
ローズが傷んだようです。足を引きずりながらも自分でサイドラインにでます。

ドローで1stダウンを取られました。
投げ捨てました。

ウェインズがクルーズへのスラントを守りました。
ケンドリクスがRBに良くついていました。
4thダウン来ます。
ダブルAからバーさんが入ってパスをディフレクト!!

マキノンへのランはやはり出ません。
プレーアクションからターゲットが見つからず、ちょっと走ってスライディング。
ディグスへのフックが通って1stダウン。
クレミングスがホールディング取られそうで怖いです。
マキノンへのランはやはり出ません。
マキノンが外へバウンスアウトして少しかせぎましたが、ルドルフのホールディングを取られました。
マキノンへのランはやはり出ません。たぶん、それほど出す気もないと思われます。
逆サイドへパンプフェイクしてから、ディグスへの遅いスクリーンでしたが、1stダウンには至らず。
パントブロックされそうでしたが、インサイド10に。

クルーズへのパスが通りました。
ショートパスが2つ。
クルーズへのパスが通りました。
ムネリンがいいタックルを2つしました。
2ミニッツです。
ケンドリクスがごっつぁんパスをインター失敗しました。プレッシャーがものすごくかかっていました。
4thダウンをストップしました。

相手のオフサイドがありましたが、FBがいいランを見せました。
マキノンのラン、FBのランで 1stダウンを取って、後はニーダウンです。

危なげなく勝利できました。
イーライの過敏なまでの早投げでサックこそ無かったものの、リーグ1のWRトリオをほぼ完封。
オフェンスはターンオーバー無し。
本当に勝てるチームになりました。

Skol!Vikings!
posted by aimadu at 12:31| Comment(4) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする

ネタバレWeek4実況その2

ディグスがらしくない落球で1stダウンを取れませんでした。
パントはちょっと戻ってインサイド10ヤードからでてしまいました。

ディレイのドローはロスのチャンスがありましたが、5ヤード進まれました。
ピエールポールがサイドラインでチェックを受けています。
クルーズへのフックで1stダウン。
オフタックルは詰まっていたわりにちょっと進まれました。
ラッシュを見てほぼスパイクしました。
インテンショナルグランディングでないのはなぜでしょう?RBが完全にパスプロをしている背後に投げました。というかスパイク。
レシーバーが転んでいてNYGサイドラインはフラッグを要求していますが、自分でこけていました。アウトパターンでした。
パントはシェレルズが少し戻しました。またいいフィールドポジションからです。
そろそろオフェンスが応えてあげましょう。

ディグスへのWRスクリーンですが、いまいちでした。

Iからマキノンへのオフタックルですが進めず、ブーンがホールディングももらってしまいました。
ブーンはアンドラフテドだったんですね。
シーレンがシャロークロスから一人のブロックを外して1stダウン。
クイックなスローフェイクからのドローで1stダウン。
シーレンがちょっと下がりました。ちょっと痛そうにしています。
ワイルドキャットからマキノンがキープして7ヤードのゲイン。そういえばこれまであんまりマキノンのワイルドキャットってやってきませんでしたね。
アシアタとOLがごりごり押し込んで1stダウン。
ノーハドルを使っています。
ドローフェイクからディグスへオーバーザミドル。今日初めてのキャッチだと思います。
レオン=ホールが脳震盪でしょうか?目の中を見ています。ゴミが入ったのでしょうか?
コンタクトがとれたようです。
DEが漏れてきましたがシーレンへショートフックが通りました。
ドローは詰まっていたように見えましたが、少し進みました。
ルドルフへのTDパス!
完全にカバーされていたので、あそこに投げちゃうのもどうかと思いますが、ルドルフのサイズ勝ちでした。
ランパスを織り交ぜていい感じのドライブができました。

5車線道路ですね。
キックオフはトラトーが素晴らしいタックル。彼ももとNYGだそうです。
ベッカムにターゲット0だそうです。
その瞬間ベッカムにスラントが通りました。
オフタックルで隙間を上がられて1stダウン。
バーがブリッツしましたが、ベッカムに通りました。
ベッカムとローズがやり合っています。ベッカムにトーンティングの反則をもらいました。
ベッカムにパスが通り、またローズとやり合っています。

シャロークロスにパスが通りましたが、ニューマンが1stダウン直前でタックルしました。
4thダウン1から来ます。結局タイムアウトを取りました。
パントは12ヤードでダウンです。
ベッカムとローズ、まだやりあっているようです。
このシリーズではベッカムに何本か通りました。

ものすごくでかいトレッドミルの宣伝をしていますが、これってアメリカでは家庭用なんだろうなぁ。
マキノンへのハンドオフはロスのところを一人かわしてLOS程度まで。
マキノンへのランはまた詰まっていましたが、DEを素晴らしいカットでまくって9ヤードのゲイン。
アシアタのランは全く出ず。反対のDEが回り込んで止めました。
もともとの穴が開いていれば、すれ違えるのですが、もとの穴でためらったところをタックルされました。
パントはフェアキャッチで35ヤード付近から。

クルーズへのクイックヒットから少し走られて9ヤードのゲイン。
中央のランで1stダウンを取られました。
2ミニッツでタイムアウト2つ残っています。

クルーズへのフックは8ヤードほど。
スミスのブリッツに、またすぐ投げ捨てました。
ジョンソンが3rd1をロスタックルに仕留めました。
4-4から来ます。
グリフィンのオフサイドで、1stダウンをあげてしまいました。もったいない。
RBへのパス。
クルーズへのフックはオーバースロー。
ベッカムへのパスは通ったかに見えましたがローズがはたきだしました。
ケンドリクスがブリッツを見せ、相手はタイムアウトを取りました。
残り25秒です。
クルーズへのパスで1stダウンを取られました。
サイドラインへ投げ捨てました。
ニューマンとクルーズのマッチアップでした。
残り6秒でFGを狙います。タイムアウトを取ったと思ったら、ディレイオブザゲームでした。
今度はタイムアウトです。スナップが低かったらしいですが、損しました。
FGは成功です。

スクイーブキックで時間切れ、14-3で前半を終了します。
後半はキックリターンからなので、パターソンのリターンに期待しましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 11:01| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

ネタバレWeek4実況その1

マンデーナイトでリアルタイム視聴ができない方も多い中、午後出勤モードでお送りします。
ただ、諸事情により(私の)中継が途絶える可能性がありますことをお断りしておきます。

さて、うちのけが人があっさりIRに入ってしまっているためか、インジャリーリポートでは向こうの方が怪我人が多いように見えます。
特にDB事情はかなり苦しいようで、ディグスには先週の分を稼ぎ直してもらいましょう。
全然フィルムは見ていませんが、向こうはWRトリオが協力とのこと。ローズが戻ってきて本当に良かったですね。

今日はモスがギャラルホルンを吹いています。今日はESPNの解説者としてきたらしいです。

キックリターンは大きく戻されて、シェレルズが40ヤードでようやくタックル。
最初からニッケルです。
中央でケンドリクスがいいパスカバー。
シェパードへクイックスラントで取られました。
中央のランはジョセフがLOS上でタックル。
左トリップスから一人モーション。
ドローで1st取られました。
リバースには3人ほど抜けて完璧なディフェンス。反則ももらいました。
ジョセフがまたランをショートに抑えました。
ケンドリクスがタックルミスしてロスのはずが結構進まれました。二人ブロッカーがいて危険でしたが、どうにか3rdショートにしました。
LTがフォールススタートで、3rd9に。
オーバーザミドルはシェパードとセンデホの両方にオーバースロー。
FGエリアと思われましたが、パントを選び、1ヤードで止められました。
WRへのパスはほとんど通されていませんが、QBへのプレッシャーの前に投げられている感じです。

1ヤードの危険な場所からFBに持たせて2ヤードのゲイン。
ジョンソンへのフックはオーバースローでした。
パターソンが出ています。
ルドルフに通りましたが、1stダウンに至らず。もう少し待てればシームが抜けていたように思いますが。
パターソンがまたガンナーに出て、ファンブルを誘い、シェレルズがカバーしました。
両ガンナーが素晴らしい活躍です。

パターソンがWRスクリーンで10ヤード以上のゲイン。
シーレンがいいブロックをしていました。
マキノンへのパスですが、すぐタックルされて4ヤード程度。
ピーターソンがサイドラインにいます。IRにいてもサイドラインにいてもいいんですね。
アンドレ=スミスが怪我のようです。後誰がタックルにいるんでしたっけ?
先週ブーンの後にGに入ったサールズはTもできたような。
やはりサールズが出てきました。
マキノンへのパスで1stダウン。
パターソン、まだ出ています。
ファスコのフォールススタート。
ミネソタのレッドゾーンオフェンスは最下位だそうです。
パターソンへのシームはフラッグをもらいました。それほどひどい絡みではありませんでしたが。
今日はパターソンにぐいぐい来ますね。さっきのご褒美でしょうか。
ルドルフへの決め打ちはオーバースローでした。
アシアタがOLの良いブロックを受けて、エンドゾーンに走りこみました。
ブーンが完勝のブロックでした。
ウォルシュもエクストラポイント決めました。毎回ちょっとどきどきです。

ガラスのドアが今日は開いているようです。
キックオフはタッチバックです。
NYGのWRトリオは今トップのヤードだそうです。
ドローにはジョセフががっちり勝っています。そういえばジョセフはNYGから来ましたね。
オフタックルで10ヤード以上のゲインを許しました。
またドローです。
ブリッツで、RBへのパスはオーバースローになりました。通っていたらケンドリクスは間に合ったでしょうか。
RBへのチェックダウンには集まりよく止めました。ベッカムにスミスがヘルプしてダブルカバーしている様子が紹介されました。あれだけブリッツを見せてから下がられるとQBもかなりきついでしょう。
WRにはほとんど投げられていません。
パントはエンドゾーンに。

マキノンへのピッチは良いブロックでロングゲイン。今シーズン最長だそうです。
シーレンが内側にブロックし、ブーンが外にキックアウト。
ラインへの中央は、ちょっとしか出ませんでした。
ジョンソンへのパスはディフレクトされました。
シーレンへのパスは、シーレンは抜けていましたが、ちょっとアンダースローで取れませんでした。CBの手がかかっているリプレイで会場はブーイングです。
パントはエンドゾーンに。

グルーデンがダブルAの解説をしています。
フルハウスからのオフタックルは、少しのゲインで止めました。ブロックにまったく押されていません。
ピッチにはバーが外をしっかり守って内側に走らせました。グリフィンが反則をもらいました。
苦し紛れにRBに投げましたがバーが完全についていてインコンプリート。
3rdロングです。
WRにクイックスクリーンでしたが、ちょっと内側にカットを切っただけでグリフィンにつかまりました。
シェレルズのパントリターンは広い側には出してもらえませんでした。でも、もともとかなりいいフィールドポジションです。

パターソンがRBにシフトしてのピッチでしたが、少ししか進めませんでした。
エリソンへのチェックダウンはほとんど進めず、3rd5に。

オフェンスが進みそうで進みませんが、ディフェンスはしっかり止めていて、スペシャルチームの活躍でリードを奪った1stQでした。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 10:14| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする