2016年09月29日

Week3その後

さすがのnfl.comもパワーランキングで上位に入れてきましたね。
(ついでに下位チームをホームでぎりぎり1TD差で下したチームも同じだけ上がってるみたいですが)

さて、コンデンスでもう一度見直してみて思ったのは、
ルドルフとオルセンのカバーについて。
ルドルフはキークリーとマッチアップしていたのが多かったのに対して、
オルセンにはCBがマッチアップしていたことが多かったような気がします。

CARはキークリーのパスカバーに自信があった分、ルドルフに挑んでしまって、結果パスを通されてしまった。
それに対して、MINはオルセンをレシーバーととらえて、ムネリンやウェインズにカバーさせたのでパスが通らなかった。
なんてところがあったのかもしれません。
余裕があればコーチズフィルムで見直してみたいと思います。

さて、ひとつ先の話になりますが、HOUのワットがIR入りしました。
他人の怪我を喜んではいけませんが、かなり楽になりました。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 01:50| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

Week3ネタバレ実況その4

ノーバックから中央のルドルフにパスを通して1stダウン。
マキノンへのドローは全く進むことができず。
パスプロが持った後、シーレンにパスを通しましたが、キークリーがついていて、ちょっと危険でした。
エンドゾーン内でルドルフがフリーでしたが、ドロップしてしまいました。
ディグスがインターフェアしてルドルフをフリーにする形になりました。
20ヤードくらいのFGはさすがにウォルシュが成功させました。
9点のリードです。

タッチバックになりました。
(ライアン)カリルが出ていなかったようですが戻ってきました。
リバースしてきましたが、センデホが上がってきて止めました。
他の外もうまく押されずに時間を稼ぎました。ホールディングで下がります。
グリフィンが、オアーをリップでまくってQBサック!!
ドローは10ヤードほど進まれましたが、まだ20ヤード。
ミネソタがタイムアウトを取って引き締めます。
バーがQBサック!もともとスパイしていましたが、投げようとしたところで上り、ロビソンが手をかけて投げさせなかったところでQBサックに届きました。

パントリターンでアレクサンダーが反則を取られましたが、正面からコンタクトしつつ後ろに回ったという判断でノーフラッグに。リプレイを見ると反則ですね。
次のオフェンスは時間をかけて刻みたいですね。

マキノンのランは進めず。
プレーアクションから、ルドルフへのパスが通り1stダウン。
マキノンのランはキークリーに止められました。
ちょっとクラウドノイズが弱くなった気がしますね。
ノーバックから、ルドルフのショートフックで1stダウン。
マキノンのパスはやはり進めず。カットバックしようとしましたが、止められました。
タイムアウトを使ってしまいました。
マキノンのピッチは5ヤードほどのゲイン。こういう風に広く使う方がマキノンは得意なように思います。
シーレンがワンハンドキャッチで取りました!ディフェンスと近かったですが、うまく手を伸ばしました。
シーレンがボールを興奮して捨てたところがスパイクと取られてディレイの反則に。

マキノンのランは下がる形に。
アシアタのランは進めず。
もうFG狙いでしょうか。
投げ捨てました。シーレンがドフリーになっていましたが、ロールアウトしていたので見つけられませんでした。
FGで12ポイント差に。

タッチバックです。
残り約5分。
TEのシームに通されました。ちょっと引きすぎでしょうか。
ダブルAからプレッシャーをかけてチップしましたが、オルセンにパスが通って、ウェインズがタックルしました。
ロングパスにローズが抜かれていましたが、インコンプリートで済みました。
3rd3からディレイで3rd8になりました。
ブリッツをいれましたが時間が持ち、1stダウンとなるパスを通されました。

DETが頑張っているようです。

ベンジャミン、今日は0です。
スミスがブリッツしてサック!!グリフィンの外から、ノーチェックで入りました。
ギンのWRスクリーンにウェインズが素晴らしいタックル。オフェンスのインターフェアをもらいました。
ケンドリクスが怪我をしたようです。リプレイではどう怪我をしたのか見えませんでした。
残り3分ほどです。
オルセンに中央のパスが通って3rd10となりました。
ニュートンに走られて1stダウンを取られました。
ムネリンが怪我したようです。つっただけだといいのですが。

スラントパスはインコンプリートです。取れそうでしたが、ボールがうわずっていました。
オルセンへのパスにはシェレルズがついていました。パーソネル的には危なかったですが、助かりました。
ダブルAからプレッシャーをかけて、シェレルズがインターできるところを落としてしまいました。
ベンジャミンにシェレルズがついていました。

ダブルAからプレッシャーをかけたところOLが内側をブロックしてグリフィンがノーチェックでQBにタックル。ニュートンが無理投げしたところをジョンソンがインターセプト!!!
リターンでボールをこぼしましたが、アウトオブバウンズになってミネソタボールです。

2つのランで時間を使います。
アシアタへのチェックダウンパスは1stダウンに至りませんでしたが、2ミニッツまで来ました。
パントはエンドゾーンに入ってしまいました。

スクリーンで10ヤード進まれました。
RBにチェックダウンで少し進まれました。
オルセンからファンブルを奪いましたが、インコンプリートの判定。
ケンドリクスがタックルしたので戻ってきています。ボールを拾ったのは59だったのですがラマーでしょうか。バーさんは傷んだのでしょうか?

グリフィンが最後仕留めました。最初に手をかけたのは誰だったでしょうか。
8サック、3インターセプトだそうです。
短いパスを通して、4thダウンはターンオーバーです。
残り21秒で勝負ありました。

誰も予想しなかった勝利をものにしました。(nfl.comのボールドプレディクションではミネソタが、と言っていましたが、逆にそれほどネタになるほどのアンダードッグだったということですね)
得点の内訳は、オフェンス8、ディフェンス2、スペシャルチーム6、FG6でした。結構試合前の予想を当てた気分です。

CARのランに100ヤードはかろうじて取られたものの、ニュートンを8サック、26ヤードランに抑え、3インターセプトを奪ったディフェンスは、もはや誰の疑いもなく本物でしょう。
オフェンスもハーフタイムでのアジャストが素晴らしく、敵地でも進ませることができるようになってきました。ブラッドフォードとWRの間も、新加入&バックアップのOLも、これから息があってくるはずですので、徐々にオフェンスも力になってくるでしょう。(ちなみに相手のQBサックは2に抑えました)

Skol!Vikings!
posted by aimadu at 05:18| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする

Week3ネタバレ実況その3

この状態で、この点差につけているのはすばらしいです。
十分いけると思います。

パターソンのリターンは20ヤードまで。
どうにかオフェンスを進めたいですね。
ディグスへのフックで10ヤード取りました。今回はマキノンがDBブリッツをちゃんと取りました。
マキノンのオフタックルは4ヤードほどでしょうか。
マキノンへのフェイクからマキノンへのパスですが、3rd4残りました。
ライトが出ています。ルドルフへのショートフックで1stダウンを取りました。密集でしたが良く取りました。
マキノンがオフタックルでタックルされながら8ヤードほど進みました。
アシアタのオフセンター?は6ヤードほどぶち抜いて進みました。
パスプロがしっかりともって、ディグスのインフェイクアウトへ通りました。
マキノンがオフガードあたりで4ヤード進みました。
お互い怪我人がでてしまったようです。いい感じに進み始めたので、この流れを切りたくないですが。
中央でディグスが取って1stダウン。下がったのはモーガンのようです。
ルドルフが浮かせたパスを取ってタッチダウン!
2ポイントに行きます。パターソンが変なモーションをした後、マキノンにハンドオフ。ジャンプカットの後、DBを押し込んで2ポイント成功です。
このシリーズは、ランも出たし、パスプロももちました。
20ヤードスタートだったので、しっかり80ヤードドライブしてのTDで、この試合初めてのリードを奪いました。6点のリードです。
このシリーズ、ブラッドフォードは6/6だったそうです。

リターンを20ヤード未満に抑えました。
RBがダンスしているところにスミスが激しいタックル。
トリプルオプションのリードオプションでしたが、しっかり集まってキープさせ2ヤードに抑えました。
ニュートンのキープにバーさんがタックルしましたが、逃れられて1stダウン。
テッド=ギンのロングパスにニューマンが絡みましたが、反則は取られず。オーバースローでもありました。
たくさんフェイクしてのRBハンドオフにちょっと進まれました。6ヤードのゲイン。
ディレイブリッツでパスインコンプリートさせましたが、イリーガルコンタクトの反則がその前にあったようです。ちょっと厳しい反則でしたが。
ブリッツを入れています。RBフレアに通されて、1stダウンを取られました。
RBハンドオフはしっかり集まって止めました。リードオプションを見せてRBが続いています。ニュートンがキープした時が怖いですね。
ディレイのドローにスミスがものすごい上りで止めました。
ラッシュをかけて逃げられたもののインコンプリートに。
パントは10ヤード付近でフェアキャッチ。

マキノンへのハンドオフは0ヤード。
ディグスへのフックは触れもせずにインコンプリート。ディグスはフラッグを欲しがっていました。
RBを増やしてプロテクトします。結局奥には投げられず、ルドルフに通しましたが、1stダウンには至らず。
ロックのパントはキャッチと同時にパターソンがタックル。シェレルズのようにスペシャルチーマーとして残ろうとしているのか?

ロビソンがLOS上で1stタックルしましたが、ちょっとだけ進まれました。
カバーが時間をかけさせてロビソンが回り込んでサック!
ニュートンにしては力の無いパスをニューマンがインターセプト!!
ロビソンがスタンディングからカバーに下がるなど、惑わせる動きをしていますね。

タイタンフォール2、面白そうだな。XBox1持ってないけど。

エリソンへのスクリーンで、15ヤードほど取りました。
マキノンへのオフタックルは、どうにか3,4ヤード。

ハーフタイム後は、オフェンスが見違えるように良いですね。
このシリーズを取って、ディフェンスをもっと自由に動けるようにしてあげましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 04:19| Comment(0) | Vikings2016 | 更新情報をチェックする