2016年01月11日

WildCardラウンドを終えて

勝ちたかった。それがすべてです。悔しくてなりません。

ディフェンスが本領を発揮してロースコアゲームにまとめ、
オフェンスはテディがインターなしで、TDは無くてもウォルシュのFGでこつこつと加点し、
逆転されても再逆転のFGを演出、、、
とここまでは正に思い描いていた勝利の形でしたが、最後に寒さに足元をすくわれました。

試合中のリプレイでも出ていましたが、今日はFGのホルダーがボールを回さずに置いていました。
私はキッカー周りの経験が無いので詳しくはわかりませんが、おそらく寒さでホルダーがキャッチミスやハンドリングミスをしないように、十分練習して決めたことだと思われます。

ディフェンスは本当にあの1本以外は思い通りに止めていました。
解説でも言っていましたが、ムネリンが落ち着いてコンテインしていれば、大ロスで済んでいたはずでした。
私もDLをやっていたとき、スナップミスが見えたのでリカバーに行こうとするあまりに腰が浮いてしまい、スナップミスを知らないOLのアングルを食らって吹っ飛んでしまった苦い経験があります。
スナップミスなので人数は十分勝っているのだからコンテイン重視で行けばよかったと、冷静になれば言えるでしょう。

後は、グリフィンがサックしたプレー。判定はパスインコンプリートになりましたが、パックして1回転しているんだから、そこでサックを認めて欲しかった。あんな両手投げでもフォワードムーブになるのですね。
まっすぐ下がっていたのでタックルの間を出ていなかったのではないかとも思うのですが、どうだったんでしょう。もう見直す元気はないのですが。

そして、エイドリアンのファンブル。でてはいけないところで出てしまいました。
でもこの屈辱をばねにして、来年はパスキャッチでも活躍する新たなピーターソンが見られることを期待しています。(そもそも、キャップヒットが大きいので、来年ミネソタに残るのかどうかもわからないのですが、ジマーに心酔して契約見直しに応じてやり直してほしいと思います。)

以上、恨み節でした。

Skol!Vikes!
posted by aimadu at 23:40| Comment(3) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする