2015年12月12日

Week14を終えて

プライドは見せましたが、結果も欲しかった、、、
ローズが下がったときは食らいつくのもここまでか、と思いましたが、ローズ自身も戻りましたし、チームも気迫を見せました。
ローズはインターをドロップしてしまいましたが、手を痛めていたのでやむを得ないと思います。骨折などしていなければいいと思います。

ディフェンスはNo.1オフェンスを相手にがんばりました。
試合前のジマーのコメントに反してニューマンがSで先発。PSから上がってきて即先発となったハリスもかなりいいプレーをしていました。彼のプレーが最大の収穫だったと思います。来年は先発争いに名乗りをあげるでしょう。
がんばってはいたものの、要所では2発ビッグプレーを許してしまいました。
最初のはムネリンがタックルできそうでしたが、手を払われるのを嫌ったのか、結果としては自分から手を引っ込めて独走を許してしまう結果に。
2つめのは、おそらくウェインズがカバーを間違って、二人のWRをフリーにしてしまいました。
WRとしては最高クラスのブロッカーであるフィッツジェラルドをリードブロッカーに余裕のタッチダウン。こちらの角度からはフィッツジェラルドがハリスのフェイスを持ち上げていたように見えましたが、単なる泣き言です。

オフェンスも要所でのファンブル。
頼りになる男ライトがまさに頼りになるキャッチの後にファンブルしてしまいました。
2つめのは、プレーコールのタイミングとしてはばっちりだったと思いますが、トリックプレーを割り込んできたDLに防がれてファンブル。エイドリアンのファンブルに数えるのはかわいそうな気もしますが、とっさにキープにしておいてくれれば、というところではあります。
3つめのは、1stダウンと2ndダウンであっさり投げ捨てたので、FGで延長狙いかと思った矢先、なぜか3rdダウンでテディーが欲を出して粘り、最悪の結果になってしまいました。

勝てばプレイオフが一気に近づいた試合でしたが、逆にワイルドカードにも暗雲が立ちこめてきました。
地区優勝ではGBが、ワイルドカードではTB,ATLが対抗だと思いますが、
それぞれが残り試合で対戦する強豪は、CALとARIで、ほとんど1stバイを決めてしまっています。
他力本願には頼れない状況、ロングウィークを生かして怪我人に回復してもらい、残りの3戦に備えて欲しいと思います。
NFCの優勝チームのシードは第3シードでほぼ決まりでしょう。なので、もし第6シードで滑り込んだ場合、プレイオフの初戦でも戦うことになります。なので、最終戦を本気で勝ちに行く必要があるようにはしたくないところです。
そのためにはまず次の2試合を確実に取っていきましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 16:17| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする