2015年11月21日

Week10を終えて&Week11に向けて

すぐにレビューを書くつもりが、こんな時期になり、しかもじっくり堪能しようと思っていたDET@GB戦も見られずじまいです。

ルドルフの落球から、パスをポンポンと通されて逆転、という嫌な流れでしたが、パターソンがようやくやってくれました。見事なリードブロックもありましたが、やはり駆け抜けられる能力は素晴らしいと思います。
もしかすると、カットされるのはウォレスで、パターソンは減俸をあっさり受け入れて今の立場のまま残留するかもしれませんね。パターソンはそんなキャラな気もします。
ウォレスはランブロックで一応貢献しているような気もするので、チーム内の評価は我々からほどひどくないのかもしれませんが、そろそろギアアップしてもらいたいですね。

結局持ち直したディフェンスは、結局また20点未満に抑えました。
もちろんニューマンは素晴らしかったのですが、私はグリーンウェイにクレジットを送りたいですね。
ここ数年、いつカットされるのかばかりが話題になっていましたが、ベテランの味を見せてくれました。
慣れないミドルにシフトして、ゲームを壊さないだけでも十分すごいのに、結局はシャットアウトディフェンスをリードしました。

まったく名前を呼ばれることのなかったフロイド。もしかして、早々に怪我を悪化させて引っ込んでいたのでは、と不安になったので、気にしながら見直してみました。
実際はローテーションで最後まで出場していて、スナップ後の出足もなかなか素晴らしかったと思います。
ただ、ちょっと軽く見えた気もします。今週の試合では完全復調して、ジョセフとフロイドの中央からがんがんオフェンスラインを切り裂いていってほしいと思います。そうすれば、DEはロールアウトさせないことに重きを置いて守れるので、変なビッグゲインをされずに済みます。

ケンドリクスも出場できそうなので、中央のラインは盤石ですね。ケンドリクス対レイシーで力負けしそうなことがあったら、グリーンウェイをミドルに持ってくるのもありかもしれません。

4WRセットも多そうなので、ウェインズも本格的なデビューになるでしょう。いよいよ真価を発揮してもらう時です。PFFはプレシーズンまではウェインズをさんざんに言っていましたが、シーズンに入ってからのちょくちょく出てきたときのウェインズの働きは評価していました。

オフェンスでは、エイドリアンがしっかりとゲームを作ってくれて、テディがミスをせず、とてもいい試合でした。テディがプレイメーカーかゲームマネージャーかという話が出ていましたが、キャリアの序盤ですし、私は今は別にディルファーでも構わないと思っています。
確かケンドリクスの体格の話になったときに、レイ=ルイスも大して大きくない、という話がでていました。
あのときのレイ=ルイスのようにケンドリクスがなってくれたら、たまらないですね。
エイドリアンの最後の80ヤードは、相手が止めるしかなくて一か八かフルギャップに詰めてきた結果ですが、今週も相手のランディフェンスが弱いだけに、狙っていけると思います。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 21:55| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする