2015年11月13日

NFC-北のタイトルのために

さて、ようやく首位に並んだミネソタですが、タイブレークでは1位になれなかったようです。
ディビジョン内の勝率というところが、ミネソタ3-0に対して向こうは1-0。勝”率”なので、そこも同じとみなされたようですね。シーズンの途中なので意味のない比較ではありますが。
DETもCHIも低迷しているので、対戦を残しているほうが有利にも思えますが、
プレイオフの望みが無くなったことで却ってディビジョン内対戦に集中してくると思うので、結構期待できるような気がしています。

ミネソタの6-2は相手が弱かったからだとか言う声が聞こえてきたので、チームが勝った相手の対戦成績を調べてみました。
ミネソタが勝った6試合の相手の成績は、ミネソタ戦を除くと、14勝35敗で勝率2割8分。勝ち越しチームは一つもありません。4-4のSTLが最高。確かにちょっと不安な気もしなくもなくもないです。

一方、GBは全勝チームに2連敗して、全勝チームに当たっちゃったからしょうがないよなとか思っている人もいるかもしれませんが、逆にGBが勝った6試合の相手の成績を、GB戦を除いて集計すると、19勝31敗で勝率3割8分。勝ち越しチームはこちらも一つも無し。4-4のSTLとSEAが最高。なぁんだ、結局ミネソタと大して変わらないじゃないか、という結果となりました。6試合まで全勝とか言っていましたが、結局それまでの相手が弱かっただけで、強いチームと当たったら負けるんじゃないか、ということですね。

ちなみに、残りの試合で比較すると、直接対決を除くと、
ミネソタの対戦相手は、28勝21敗、5割7分。GBの対戦相手は、17勝31敗、3割5分。
これはなかなか大きい差です。やはり直接対決で叩かないと他力本願は望めそうにありません。
DETの頑張りには期待していますよ。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:19| Comment(1) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする