2015年11月27日

痛い敗戦だが次へ

やはり負けるとブログを書く気が無くなりますね。
でも直接対決はタイに戻すチャンスがまだありますから気持ちをリセットしましょう。

いろいろと自滅しました。
エイドリアンのランが全く出ませんでしたが、そもそもTEヘビーなプレーもあまりやらなかったように思えました。
最初にクイックスラントを連発して、いつもと違うオフェンスをしているなと思いましたが、
結局自分たちのプレーをせずに自滅でした。
最終戦に向けてプレーを温存したのだと思っておきましょう。

反則は、バーさんの3rdダウンでのイリーガルコンタクト以外は、取られてもやむを得ない感じでした。
ニューマンは、それほどがっつり抜かれていなかったと思いますが、焦ってぶつかっていってしまいました。
ジョセフも反則もらう気満タンの相手をついてしまったし、パターソンに至っては弁解の余地ありません。

ちなみに、GBのDLがサック後にスパイクをしましたが、少なくともDelay of the gameの反則です。
Rule 4. Section6 ARTICLE 5. OTHER DELAY OF GAME FOULSのe項に
spiking or throwing the ball in the field of play after a down has ended, except after a score
とあります。
たぶん5ヤードもらっても1stダウンにはならなかったと思いますが、4thダウンショートにはなったはずで、プレイの選択もできたかもしれません。
まさか審判が見ていなかったとか、このルールを知らなかったとかいうことは無いと思うのですが、
こういうオートマティックなファウルを見逃す裁量は審判には無いと思います。
向こうの実況も「フラッグが出ない」「フラッグがでないまま4thダウンに(かパントに)」と2回言ってました。

人の仕事待ちで残業していたら、サンクスギビングギフトが届きました!
意外性の男というか意外性のチームがやってくれました。
一昨年鎖骨をやったときもCHIでしたね。次のDETにも期待が持てます。

さて、喜んでいるだけでは無くてミネソタの方も気を引き締めなくてはいけません。
続きはまた

Go!Vikes!
posted by aimadu at 23:40| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

Week10を終えて&Week11に向けて

すぐにレビューを書くつもりが、こんな時期になり、しかもじっくり堪能しようと思っていたDET@GB戦も見られずじまいです。

ルドルフの落球から、パスをポンポンと通されて逆転、という嫌な流れでしたが、パターソンがようやくやってくれました。見事なリードブロックもありましたが、やはり駆け抜けられる能力は素晴らしいと思います。
もしかすると、カットされるのはウォレスで、パターソンは減俸をあっさり受け入れて今の立場のまま残留するかもしれませんね。パターソンはそんなキャラな気もします。
ウォレスはランブロックで一応貢献しているような気もするので、チーム内の評価は我々からほどひどくないのかもしれませんが、そろそろギアアップしてもらいたいですね。

結局持ち直したディフェンスは、結局また20点未満に抑えました。
もちろんニューマンは素晴らしかったのですが、私はグリーンウェイにクレジットを送りたいですね。
ここ数年、いつカットされるのかばかりが話題になっていましたが、ベテランの味を見せてくれました。
慣れないミドルにシフトして、ゲームを壊さないだけでも十分すごいのに、結局はシャットアウトディフェンスをリードしました。

まったく名前を呼ばれることのなかったフロイド。もしかして、早々に怪我を悪化させて引っ込んでいたのでは、と不安になったので、気にしながら見直してみました。
実際はローテーションで最後まで出場していて、スナップ後の出足もなかなか素晴らしかったと思います。
ただ、ちょっと軽く見えた気もします。今週の試合では完全復調して、ジョセフとフロイドの中央からがんがんオフェンスラインを切り裂いていってほしいと思います。そうすれば、DEはロールアウトさせないことに重きを置いて守れるので、変なビッグゲインをされずに済みます。

ケンドリクスも出場できそうなので、中央のラインは盤石ですね。ケンドリクス対レイシーで力負けしそうなことがあったら、グリーンウェイをミドルに持ってくるのもありかもしれません。

4WRセットも多そうなので、ウェインズも本格的なデビューになるでしょう。いよいよ真価を発揮してもらう時です。PFFはプレシーズンまではウェインズをさんざんに言っていましたが、シーズンに入ってからのちょくちょく出てきたときのウェインズの働きは評価していました。

オフェンスでは、エイドリアンがしっかりとゲームを作ってくれて、テディがミスをせず、とてもいい試合でした。テディがプレイメーカーかゲームマネージャーかという話が出ていましたが、キャリアの序盤ですし、私は今は別にディルファーでも構わないと思っています。
確かケンドリクスの体格の話になったときに、レイ=ルイスも大して大きくない、という話がでていました。
あのときのレイ=ルイスのようにケンドリクスがなってくれたら、たまらないですね。
エイドリアンの最後の80ヤードは、相手が止めるしかなくて一か八かフルギャップに詰めてきた結果ですが、今週も相手のランディフェンスが弱いだけに、狙っていけると思います。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 21:55| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

Week10に向けて

対OAK戦も同期対決がたくさんありますね。

やはり注目は、カー対テディということになると思います。テディーは(進むかは別として)ランのサポートがあるのに対して、カーは投げまくる状況。スタッツでは圧倒的に負けちゃってますが、もちろんチームとして勝てばいいです!カーはインターが少ないところがいいですね。テディーもインターは無しでお願いします。

そしてクーパーとディグス。ディグスの試合数が少ないので、全体スタッツでは負けていますが、ヤードパーキャッチやヤードパーゲームでは勝っています。

ディフェンスでは、マックとバーさん。全然見てないけどマックはランに強いらしいですな。ザック=ラインのリードブロックで捕まえてエイドリアンにまくってもらいましょう。

スタッツ的にはオフェンスのOAKにディフェンスのミネソタとなっています。
オフェンスの3rdダウンをつなげて、ディフェンスのターンオーバーでとどめを刺しましょう。

怪我人の様子は、ケンドリクスがDoubtfulなのが痛いですね。コールもシーズン終了してしまったし、LBは層が厚いと言ってホッジズを出してしまったのが、ついこの前だったのに、一挙に厳しくなりました。バーさんも、Questionableだし。
テディーはQuestionableだけど、出てくれますよね。ヒルはさすがにちょっと腹を引っ込めて欲しい。(自分のことは棚に上げて)
フロイドが戻ってくれそうなのは心強いですね。ジョセフとの2トップが楽しみです。フロント4で圧倒してくれることを期待しましょう!
シーズンが進んできて、週の初めはDNPで始まるプレイヤーが増えていますね。回復具合がカギになってきそうです。次の試合に向けて怪我人は増やさないように頼みます。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 01:27| Comment(0) | Vikings2015 | 更新情報をチェックする