2017年11月23日

Baldingerによるプレー解説

先週のLAR戦は何度でも見返したい試合でしたが、ミネソタの公式ページに上がっているBaldingerによるプレー解説がとても面白いので、紹介します。

www.vikings.com/media-vault/videos/Instant_Playbook_Baldinger_Breaks_Down_Vikings_Defense_/ca8b8272-31e6-4d52-b1db-719669605e11

Baldingerの解説にだいたい沿っていますが、私もちょっと足しながら説明します。

最初のプレーは、ガーリーの左オフタックルプレーです。
TEがモーションしたところでハリソン=スミスが上がってきました。
ここで、7人のディフェンスに対して、ブロッカーは6人です。
スナップされると、ハリソン=スミスがTEを押し込んだので、外に走る目は無くなりました。
ガーリーが止まったところで、ノーブロックのハンターと、中でブロックを外したジョセフがきて、3人で囲む形でノーゲインに抑えました。

次のプレーは、次は右のオフタックルかTEの外を狙ったプレー。
プレー前、WRがモーションしたところで、二人のSが下がっていることをみたゴフは、オーディブルでランに変更します。
ミネソタは、それに反応してアンソニー=ハリスが少し上がってきます。
そしてスナップされてランと見て取ると、すごい勢いでWRのカップを押し込んでガーリーに当てます。
この時点で外からフリーでウェインズも来ているので、ガーリーは右を諦め、左に方向転換します。
ここで反対のエンドであるウェザリーが押されずにとどまりながらプレーを見ていて、外を守りに出ます。
ケンドリクスもブロックを外して踏み込んで来ています。
結局ウェザリーがロスタックルに仕留めましたが、その外のアレクサンダー、さらに外のローズ、内側からケンドリクスが詰めてきていて、しかもハリソン=スミスもブロッカー無しで流れを見ているという、盤石の状態でした。

次はパスプレー。プレーアクションの後、グリフィンのプレッシャーに外に逃げて奥に投げますがサイドライン際にオーバースローしてインコンプリート、というプレーです。
ハリソン=スミスが上がっているのをみて、オーディブルでプレーアクションパスにしたようです。
プレー変更を見てスミスは少し下がります。
スナップされて、プレーアクションの後、まずは良いパスプロができます。
まずゴフはポストを走っているウッズを見ます。正直、ついているウェインズは外に体を向けていて1対1では負けてしまっていますが、間にハリソン=スミスが居たので諦めました。もう少し遅いタイミングではバーさんが下がるのが目に入っていると思われます。
次にサミー=ワトキンスのディープを見ますが、アンソニー=ハリスが深くいて、ワトキンスについていたローズもしっかり併走しています。
ここで投げられない時点で、グリフィンのプレッシャーがかかります。反対のハンターもOLを押して詰めています。
ゴフはロールして時間を稼ぎ、結局ウッズに投げます。
この時点ではウェインズが持ち前の?折れない心で追いついて来ていて、オーバースローにさせました。

次もプレーアクション。アンソニー=ハリスが上がっているのを見て、プレーを変えました。
レシーバー二人だけを走らせて、他はブロックするマックスプロテクションです。
ハリソン=スミスは、かなり深く守っています。
ワトキンスへサイドライン際のディープボールを投げましたが、ローズがしっかりと併走、スミスがサポートしてインコンプリートにしました。(ここの下りでBaldingerは間違えてゼイビア=ウッズと言っています)
グリフィンも最初ランをチェックして遅れたタイミングでラッシュしましたが、投げる直前には詰めてプレッシャーをかけています。

次もプレーアクションパスです。
ディープボールをスミスがインターしそうでしたが、ウッズがボールを取るのは諦めてインコンプリートにするために叩き落としたため、インターできなかったプレーです。
ウッズがディープに、ワトキンスがアクロス?で斜めに横切るプレーでした。フェイクしたガーリーは、そのまま左にホイールを走っていて、ミネソタはケンドリクスがブリッツしていてガーリーをフリーにしていたのですが、ケンドリクスのブリッツが速かったので、ゴフは左を見る余裕無く奥に投げ込みます。
ウッズにはウェインズがついていましたが、ディープのルートは最初からスミスがサポートする気、満タンで、かなり最初の段階でスミスは決め打ちのようにディープをカバーしに行きます。(やっぱりウェインズはあまり信用されていないのかも)
反対のローズは、やはり信頼があるようで、ハリスはあまり反応せずに、むしろ深い方をケアしています。
その状態で奥に投げたので、ウェインズ、スミス、ハリスのトリプルカバーに投げた状態になりました。

最近はコーチズフィルムを見る時間が取れませんが、写らない部分でも分厚いディフェンスをしていることが分かり、心強いですね。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 01:06| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

ネタバレ2017ミネソタWeek11

素晴らしい試合でした。
最初のシリーズのスクリプトこそ取られましたが、次のシリーズ攻め込まれたところをハリスのファンブルフォースとリカバーで乗り切ると、その後はシャットアウト。ハイパーオフェンスを7点に抑えました。
ガーリーもほぼシャットアウト。DLのところで止めているプレーが結構ありました。

オフェンスもキーナムをノーサックで守り、マリーにほぼ100ヤード走らせました。
PFFで見るといつもものすごい点数のドナルドは、時々DTとは思えないグリフィンばりのスピンムーブを見せましたが、結構頑張ってパスプロしていました。

シーレンにはロフトパスの他に、フックからぶっちぎるロングタッチダウンもありました。

フォーバスは2本外してしまいましたが、苦手のXPは全部決め、最後のFGは決めたので長引くことは無いでしょう。

改めて素晴らしいチームWinでした。しばらく気の抜けない相手が続きますが、NFCの第2シードに恥じない堂々とした試合でした。

ところで、先週突然のQB交代を行ったBUFは、新先発のピーターマンがインターを連発、早々にテイラーに戻ったようです。QB交代のタイミングは難しいですねぇ。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:35| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

スポーツバー

来週の大一番のLARams戦の月曜日、私事ながら東京出張が入りました。
せっかくなのでスポーツバーとかで生観戦できないかと思って探してみましたが、NFLを生で見られるスポーツバーは絶滅してしまったのでしょうか、全く見つかりません。

カラオケやネットカフェのシアタールームで、自前Gamepassを鑑賞するくらいしかできないんですかねぇ。
回線速度が十分あるのかが心配ですが。

そういえば、PFFで「シーレンとディグスがトップDUOだ!」みたいな記事が出ていました。
ようやく注目され始めたようですね。

来週のQBは水曜までに決めるとジマーさんが言っているらしいですが、さすがにこの状況で変えたらびっくりです。テディの人望?を持ってしてもすんなり行くところが想像できません。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 21:26| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする