2017年10月16日

ネタバレ2017ミネソタWeek6

ブレイディとロジャースには触れただけで反則という時代もありましたが、バーさんのヒットは別に通常の範囲内だったと思います。スローで見たら投げた後に見えるでしょうが。

さて、そうなった以上、勝つのは当然のこととして。

シーレンにクイックスラントで1stダウンを取ったプレーがありました。ミネソタは意外と使っていなかったプレーなので、また幅が広がると思います。
それから、今年流行っている気がするTEへのショベルパスプレーを、ルドルフに向けてやりました。流行りもののプレーもあまりやらない傾向がありましたが、徐々に変わっているような気がします。

トレッドウェルのキャッチ。何度見ても素晴らしいですね。CBが(コンタクトとしては微妙ですが)包むように手をまわしている中、片手で強引にボールを引き寄せました。
ディグスが戻ってきてもボールタッチを増やしていって欲しいですね。

バーさんが脳震盪でサイドラインに下がった後、ニッケルに入ったのはゲディオンではなくラマーでした。
やはりニッケルでは守る範囲が広くなる分、スピード重視でラマーだったのでしょうか。
ゲディオンの方はキックカバーでいいタックルを二つ。ここを抜けられたら行かれてしまう、というタイミングで、がつんとソロで決めました。

ウェインズは、やっぱりときどきやられながらも、良いタックルを積み重ね、最後のおいしいところでインターをちゃっかりカウントしました。

さて、来週は今週CHIと熱戦を繰り広げたBAL。キックオフリターンで面白プレーがでたようです。
調子が出ていないようなので、勝ち星を積み上げておきましょう。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 23:52| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

2017ミネソタWeek6の前に

ブラッドフォードは出られないだろうと思っていましたが、ディグスとイーストンまで欠場が決定。
これで先発のQB, RB, WRの一番手を欠くことになってしまいました。

先週のディグスは、股関節を気にする素振りをずっと見せていましたが、結局それが直らなかったみたいですね。
先週は最初に狙ったディグスへのパスがアンダースローになってパス失敗した後は、QBがキーナムに変わってからもロングパスを全く狙わなくなってしまいました。
どうしてなのか見直す間がありませんで、謎のままです。

ディグスの欠場は、先週から加わったフロイドと、トレッドウェルが埋めることになると思いますが、
3rdダウンで頼りになったディグスの代わりは、意外と地味キャラが定着してしまったライトかもしれません。

イーストンも今年から先発に定着して、これまでかなり良かったと思うのですが、
今週はサールズに頑張ってもらうしかありません。

バックアップ出場の多いオフェンスには余り期待できませんが、
先週までのハイライトを見る限り、GBがビッグプレーを許していることも良くありましたので、どうにか点を拾っていって欲しいと思います。

ディフェンスの方はセンデホがクエッショナブルですが、ほぼフルメンバー。
DTNさんの記事にありましたが、バーさんのキレが今年はとても良いように思います。
もちろんケンドリクスもよくPBUしてます。
バーさんとケンドリクスでミドルまで抑えて、ロングパスをどれだけ反則せずに止めることができるかが勝負になります。
ウェインズは少々負けても良いから致命的な失敗は無しで。さらには去年みたいにノックアウト寸前のカウンターパンチのインターを見せてくれれば言うこと無しです。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:19| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

ネタバレ2017ミネソタWeek5

ともかく勝ったので言えますが、トゥルビスキーはなかなかのものですね。今後難儀な相手になりそうです。
とは言え今日は、最初ウェインズが狙われたものの徐々に抑えていって、最後はスミスのインターで締めくくりました。グリフィンのストリップサックも良いところで出ました。
センデホがやってしまったのは、過ぎたことは振り返らないでおきましょう。

パントフェイクにしろ、2ポイントコンバージョンにしろ、ディビジョン内で勝つにはこの試合しか無いんだ、くらいの勢いで準備されていたのではないかと思ってしまいますが、どうにか乗り越えて勝つことができたというところが重要かと思います。

2ポイントのプレーのようにハンドオフ後のQBを見続けなきゃいけないとなると、ディフェンスとしては、どうしていいのか分からないですね。

今日の審判は反則を多く取る審判で、ハワードのTDランのホールディングは確かにかわいそうでしたね。
でもミネソタもなぜ反則か分からないようなのを1本取られた気がします。

他の試合のハイライトを見ていると、これってオフェンスのPIじゃないの?っていうのがたくさんありました。
アントニオ=ブラウンのやつとか、ボールが投げられた後、相手の走路が明らかに変わるほどに、ボールの反対側に向かって相手に当たっているのですが、ほんとにありなんでしょうか?手じゃ無くて体だったからOKということなんですかね。
ちなみに、CHIが取られたやつはニューマン?のフェイスを持ち上げるように手がかかったので目立ったのだと思います。チャッキーは納得していないようでしたが。

ところで、スタッツを見ていたら、なんとタックルリーダーはジョセフで6。
ランプレーの数が多めだったかもしれません(29)が、NTがタックルリーダーなんて、見たことありません。

初出場のジャリール=ジョンソン。フェイスマスクの反則で目立ってしまいましたが、その次のプレーでも相手を押し込んでいました。今後の活躍に期待ですね。

Go!Vikes!
posted by aimadu at 00:22| Comment(0) | Vikings2017 | 更新情報をチェックする