2019年11月11日

2019Week10ネタバレ

Gutsy,gutsy, gutsy!!
4thダウンボールオン2でFG蹴っていたら負けていたでしょうし、なにより私は今シーズン応援するのをやめていました。
そこをクックへのピッチでほぼアンタッチトでタッチダウン!

今週のディフェンスは、ジョセフがいない中、エリオットを押さえきりました。
その一方で、プレスコットというかクーパーにはかなりやられました。
TDのプレーはヒューズへのオフェンスのインターフェアをとってほしいですし、取るとき足がちゃんとついていたのか微妙だったと思いますが、素晴らしいキャッチが多かったのは認めざるを得ません。
こちらはウェインズが居なかったのが効いたのか効かなかったのか。
ヒューズもヒルも頑張ったとは思いますが、全体的にやられていたので変えましょうとも言いづらいとこです。
ウェインズの大外でのランサポートはかなり信じられるし、大外以外では使いづらいのですよね。
ヒューズは再三、ビッグヒットを見せていました。
ヒューズとアレクサンダーにインターチャンスがありましたがドロップしてしまいました。
どっちかでも取っていてくれたら、かなり楽になったと思うのですが。
そういえば以前はローズが相手のエースをシャドウしていましたが、最近は右がローズに固定して居るみたいですね。

オフェンスはクックが先週の鬱憤を晴らすような活躍。
序盤はスクリーンで、その後は徐々に滑り抜けるようなランで、ディフェンスを翻弄しました。
最後のジャグルはご愛敬ではちょっと済まされないほどに肝が冷えました。

今日のaimadu賞は、1Q残り2分14秒、クックがピッチで、ほんのちょっと立ち止まってタイミングをずらして倒れ込み1stダウンを取ったプレーに。
そのままの勢いでいったら、おそらくリーにタックルされて1stダウンには届かなかったと思います。
こういう一瞬の判断がクックは本当に頭が良くて好きです。
あと、今日はありませんでしたが、ゴール前やショートヤーデージで片手でボールを差し出すのがものすごく上手ですよね。
基本的には叩き出されそうで私は好きではないプレーなのですが、クックの場合はちゃんと大丈夫なことが分かって出しているんだろうなと思うので安心して見ていられます。
ハムのリードブロックも安心して見ていられます。クラインサッサーの後継者は?という質問を出したことがありますが、
結局ハムに落ち着きましたね。

クラインの脳しんとうが心配です。癖になってしまうと引退もありえるので、後を引かないといいのですが。
ゲディオンは逆に脳しんとうから戻ってきていましたね。

強いチームにアウェイで勝ったことに意味があります。
これができるなら先週も勝っといてくれよと思わなくもないですが、それはおいといて、
7-3と良い位置に付けました。
今年はディフェンス一辺倒では無く、ディフェンスが進まれたときもオフェンスでも勝てる状況なところが期待が持てますね。
来週はホームでDENですが、足をすくわれないようにしっかりと勝ちましょう。
(できるだけ怪我人を休ませつつ)

Skol! Vikings!
posted by aimadu at 23:52| Comment(0) | Vikings2019 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

2019Week9レビュー

こういう試合を落としているようではスーパーを勝つなんてできないんだろうなという試合でした。

カズンズは先月オフェンスプレイヤーオブザマンスに選ばれたとは思えない大乱調。
褒めるとすぐダメになるタイプなのでしょうか。
ミススローを連発した挙句、3rdダウンなのにスクランブルで1stダウン更新よりも手前でスライディングし始めてしまう始末。
昔のスーパーボウルでエルウェイがダイブを試みて(がっちり止められて前には進まなかったけど)大きく宙に舞ったシーンを思い出しました。
あれを見た瞬間、これは勝った、と思ったものでした。(相手はレジー=ホワイトがいたGBだったので、100%DENを応援していた。
確か初めてのスポーツバーでのスーパー観戦でした)

その真逆のプレーでしたが、今回は別にこれで負けた、とは思わず、最後の最後まで勝つものだと思っていました。
最後にオフェンスがまわってきて「よし、これでランで時間を使いながら進んで、さよならフィールドゴールだ」ところで、
なぜかパスを選択。あれ?あれれれ?とここで、初めて負けるのではないかと思いました。
で、3アンドアウト、パントをシャンク、ビッグゲインを許す、さよならフィールドゴール負け。
さよならフィールドゴール負けって久しぶりのような気がします。

試合前の予想では、こちらのランオフェンスに分があるということでしたが、
向こうがランを露骨に止めに来たためか、パスの比率が結構多かったように思います。
しかし、最後はランに戻すべきでしょうが!!
しかも向こうはその日初めてニッケルを使ってきた(と解説が言ってました)のに。

強みを相手がつぶしに来た時、その周辺で崩し、最後は強みで勝つ、ということができないと、
チャンピオンにはなれないんじゃないでしょうか。

どこかの記事にありましたが、ローズとウェィンズのパスカバーはNFLを見回しても下のほうなんだそうです。
それをスミスとハリス、ケンドリクスが補っているのだそうです。

ハリスは相手RBとの1対1で恥ずかしい負け方。1発TDを許してしまいました。
それでセンデホが呼び戻されたんでしょうか。
アレクサンダーは素晴らしいオープンフィールドタックルがありました。今週のaimadu賞は彼にあげたいと思います。
(タメゼロ)

序盤トレッドウェルに重要なパスが何度も通りました。やっと信じてもらえるようになってきたかな?
明日のDAL戦もシーレンはOUTが決まってしまっているので、ジョンソンとトレッドウェルでフォローしてもらわねばなりません。

DALとミネソタは、スタッツ的にいろいろなところが似ているのだそうで。
エリオットとクック、プレスコットと(良いときの)カズンズ、
ここで勝たないとプレーオフすら大丈夫なのか、って感じになってしまいます。

Go!Vikes!!
posted by aimadu at 22:22| Comment(0) | Vikings2019 | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

2019Week8ネタバレ

この試合、オフェンスはここ数試合ほど圧倒的ではなく、ディフェンスもなんだかんだキーナムにやられてしまっていたのですが、
危なげなく勝つことができました。

実は仕事しながら、ながら見をしていまして、あんまりちゃんと見ていません。

ディフェンスはヤードを取られてしまっていましたが、序盤のピンチでも要所をQBサックなどで締めてTDを許さず、
後半キーナムが下がってルーキーになった後は、さすがの貫禄を見せました。

オフェンスはシーレンがいませんでしたが、ディグスは今試合も活躍しました。
最近ファンブルが多いのが気になります。
ボールが回ってくるようになったのだから、落ち着いてご機嫌にノリノリしてほしいと思います。

ということで、あんまりじっくり見ていない試合ですが、
今週のaimadu賞は、ディグスの2本目のロングゲインにします。
CBの外側を回るぞ、と見せて、CBが外側の方へ反転した瞬間に内側に切れ込む、まさに理想的なタイミングでした。
すべてのレシーバーがこんなプレーしたいと思うプレーだったと思います。
ロングゲインになってから、さっきのファンブルを思い出して両手でボールを抱えたのも微笑ましいですね。
(実際、試合後のコメントでもそう言ってました)

そうそう、忘れていましたが、
ミネソタが余裕の試合運びをしたおかげで?ピーターソンはミネソタファンからスタンディングオベーションを受けました。
後半いろいろありましたが、やはりミネソタのグレーテストの一人であることは間違いないと思います。
ジャンプして着地した直後なのに、ディフェンスを吹っ飛ばせる、物理的におかしいんじゃないかというプレーに、
ディフェンスマインドの私もずいぶん興奮させてもらいました。
(でも最近のクックの一瞬で判断して走る即決の走りの方が私的には好き)
試合後にピーターソンはクックにかなり長く話していましたが何を話していたんでしょうね。


さて、シーズン前半の8試合を6-2で折り返しました。
最初の2-2でディビジョンライバルに負けたときは、
特にCHIに惨敗したときはどうなることかと思いましたが、その後を4-0として、いい勝ち星に持ってきました。
ただ、この後、KCとDALのアウェイに連続して乗り込まなくてはならないという、正念場を迎えます。
今週がサーズデーナイトだったせいで、ちょっと準備時間が長いところは追い風です。
マホームズも今のところミネソタ戦は出ずにその次の試合から出そう、と言われています。
もちろん復帰が早まって出てきたとしても、ディフェンスがまた要所を締めてくれることを期待しています。
KCには今週のGB戦で手の内をすべてさらけ出して勝ってほしいですね。

Skol! Vikings!
posted by aimadu at 23:44| Comment(2) | Vikings2019 | 更新情報をチェックする